ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 【延長になりました】昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。(風しんの第5期定期予防接種)

ここから本文です。

更新日:2022年5月2日

【延長になりました】昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。(風しんの第5期定期予防接種)

風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。
風しん抗体検査及び予防接種は令和4年2月28日までの実施となっていましたが、期間を令和7年3月31日まで延長して実施することになり、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種※の対象者とします。
※予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項の規定に基づく定期の予防接種

対象者の方には、お届けするクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

○リーフレット(厚生労働省)(外部サイトへリンク)
○Q&A(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

対象者

抗体検査時、予防接種時に飯塚市に住民票がある、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性。
ただし、平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受け、十分な量の風しんの抗体があることが分かる検査結果をお持ちの方は除きます。

令和4年4月中旬に対象となる方にクーポン券を郵送しています。
クーポン券を紛失された方は、再交付いたしますので、子育て支援課へご連絡ください。

実施場所

全国の実施医療機関で受けることができます。
実施医療機関は厚生労働省のホームページでご確認いただけます。
※順次,実施医療機関が追加されています。

事前に接種医療機関へ連絡し、接種の予約をとってください。

なるべく、体調の良い時に受けるようにしてください。明らかな発熱(37.5度以上)がみられる場合などは、接種を受けることができません。

○風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(外部サイトへリンク)

風疹抗体検査及び定期接種料金

  • 公費負担につき無料

接種時にクーポン券を持参されない場合は全額自己負担になります。

抗体価が低く、予防接種の対象となった場合、麻しん風しん混合ワクチンでの接種が公費負担対象です。(風しんワクチンは対象ではありません)

クーポン券の再発行について

飯塚市に転入しクーポン券が必要な方、紛失などの理由によりクーポン券の再発行を希望する場合は、申請により再発行が可能です。
下記までご連絡ください。

風しん予防接種(任意接種)の一部助成について

前記対象者以外で、風しん予防接種(任意接種)の一部助成を行っています。

詳細については、下記のサイトをご覧ください。

○風しん予防接種(任意接種)の一部助成を行います。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部子育て支援課母子保健係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1115~1124)

ファックス番号:0948-21-9508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE