ホーム > 都市環境 > 環境 > 環境啓発 > 飯塚市役所内の「夏季における省エネ・節電対策」に取り組みます!!

ここから本文です。

更新日:2022年7月14日

飯塚市役所内の「夏季における省エネ・節電対策」に取り組みます!!

令和2年10月の第203回国会の菅総理大臣による所信表明演説において、「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」旨が発表され、さらに令和3年4月に開催された地球温暖化対策推進本部、気候サミットにおいて、「2030年度に温室効果ガスを2013年度比で46%削減することを目指し、さらに50%減の高みに向け、挑戦を続けていく」と表明しました。

この目標を達成するためには、私たち一人一人が省エネに貢献していく必要があります。
本市としては、今夏もこれまでの取組を率先して実施することにより、節電の定着を図ることとし、別紙のとおり夏季の省エネ・節電対策について実施します、市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

【実施期間】令和4年7月1日~令和4年9月30日

全庁一斉消灯の実施

  • ノー残業デー(水曜日)に合わせて、執務時間終了後に一斉消灯し、職員の退庁を促すための「全庁一斉消灯」を実施します。

「始業・終業時の点灯・消灯」及び「昼休みの消灯等」の徹底

  • 常に節電を心がけるために、業務に支障のない範囲で、始業時間の10分前以後の点灯、終業時間10分後の消灯を徹底します。
    また、支障のない執務室での昼休みの消灯を徹底します。(12時~13時)
    廊下・ロビーなど共用部分についても、業務に支障のない範囲で消灯を実施します。

冷房中の室温28℃の徹底

  • クールビズ(ノー上着・ノーネクタイ)の実施により、市のすべての庁舎(※)で設定温度28℃を徹底します。
    (※)主として、職員が執務する事務スペースを対象。

電化製品の削減及び省エネルギー実施

  • 引き続き、冷蔵庫やポット等の電化製品について、給湯室での共同利用を徹底します。パソコンのディスプレイの照度調整による節電や、席を外す際には、スリープモード等の活用をするなど、こまめに節電を行います。

庁舎内照明の間引き及び自然光の利活用

  • すでに実施している箇所もありますが、すべての庁舎・出先機関も含めて実施いたします。
    また、自然光により十分な採光を得ることができる場合においては、積極的に自然光を利活用します。

職員の家庭での省エネ・節電取組の強化

  • 職員は率先して各家庭における省エネルギー・節電に取り組みます。

岡県:エコファミリー(外部サイトへリンク)

その他の省エネルギーの取組

  • 第3次飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)に記載する取り組みの中から、令和3年度は、特に15項目に重点を絞り取り組みます。(不必要な照明の消灯、エコドライブの実践、マイバッグおよびマイボトルなどの実施等)

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:市民環境部環境整備課環境推進係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1653・1655)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE