ホーム > 都市環境 > 環境 > 環境啓発 > お買い物にマイバッグを持ち歩こう!

ここから本文です。

更新日:2022年1月7日

お買い物にマイバッグを持ち歩こう!

マイバッグ運動とは

マイバッグ運動とは、スーパーマーケットや薬局などのあらゆるお店にて買い物をする際に、レジ袋を受け取らず、買い物袋(マイバッグ)を持参・使用するよう呼びかける環境保護活動のことです。この運動は二酸化炭素などの温室効果ガスの削減、プラスチックの過剰利用の抑制、レジ袋の原料となる原油の節約などを目的としています。

ecobag

マイバッグを利用する利点と欠点

利点

  • レジ袋の使用量を抑えることができ、レジ袋の製造時・廃棄時に発生する二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減することができる。
  • レジ袋が海に流れ込み、分解されることによって発生する海洋プラスチックの抑制となる。
  • レジ袋よりも高耐久で破れにくいものが多く、繰り返しの使用に適している。
  • レジ袋を購入する必要がなくなるため、節約になる。(一日1枚3円のレジ袋を購入・使用すると仮定すると、マイバッグを使用すれば年間1100円の節約となる。)

欠点

  • 繰り返し使用するため、手入れを行わないと衛生的な問題(カビ・雑菌等)が発生する。
  • レジ袋をごみ袋などとして再利用していた人は別途でビニール袋を購入する必要がある。

マイバッグをお手入れしよう

マイバッグはスーパーマーケットなどで購入した食品を入れる機会が多いと思いますが、見た目以上にマイバッグは汚れています。食品トレー入りの食材の包装の隙間からしみ出た汁や、野菜・果物についている泥・ごみなどの小さな汚れが知らずのうちに付着し、臭いやカビなどの原因となる可能性があります。これらを防ぐために、マイバッグは定期的にお手入れをするようにしましょう。

ひとえにマイバッグといってもその材質は様々です。マイバッグにタグがついている場合はそこに記載されている洗濯表示をチェックしましょう。洗い桶に×印がついている「水洗い不可」のマークがあれば洗濯できませんが、そのマークがなければ丸洗いしてもかまいません。洗濯機で洗えるのか、手洗いで洗わなければいけないのかをしっかりチェックして洗うようにしましょう。水洗いができないマイバッグはアルコール除菌スプレーや除菌シートを使って汚れや雑菌を除去するようにしましょう。

とはいってもお手入れする頻度はできるだけ減らしたいものです。そこで、普段のマイバッグの利用方法に一工夫を加えましょう。お店で肉や魚、惣菜などの水分を含む商品を購入した場合は、水分がこぼれないように袋や新聞などでくるむようにしましょう。また、マイバッグが濡れた場合は、しっかり乾かしてからたたむ・収納するようにしましょう。濡れたままだと雑菌が繁殖しやすいためです。これらの工夫でお手入れの回数を減らしましょう。

まとめ

マイバッグを頻繁に買い替えて使用することは、レジ袋の使用料を削減し、プラスチックの過剰利用を抑制する、という本来のマイバッグ運動の目的にそぐわないものとなってしまいます。定期的なお手入れを行うことでマイバッグを長持ちさせましょう。日々のお買い物に欠かせない存在であるマイバッグをうまく活用し、環境に優しいお買い物に取り組みましょう。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:市民環境部環境整備課環境推進係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1653・1655)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE