• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 支援・サービス > 障がい児通所支援サービスの種類

ここから本文です。

更新日:2018年8月21日

障がい児通所支援サービスの種類

サービスの名称

内容

児童発達支援

日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練を行います。

医療型児童発達支援

児童発達支援と併せて治療を提供します。

居宅訪問型児童発達支援 重度の障がい等の状態にある児童であって、障がい児通所支援を利用するために、外出することが著しく困難な児童に発達支援が提供できるよう、障がい児の居宅を訪問して発達支援を行います。

放課後等デイサービス

学校通学中の障がい児に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障がい児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを推進します。

保育所等訪問支援

障がい児が集団生活を営む施設(保育所等)を訪問し、その施設における障がい児以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援を提供します。

費用負担

原則、費用の1割が自己負担となります。ただし、世帯全員が生活保護世帯もしくは非課税世帯の場合は無料です。

また、所得に応じて負担する月額の上限設定がされるとともに、下記のような負担を軽減する制度があります。

利用者負担の軽減

多子軽減措置

児童発達支援を利用しているお子さんと同じ世帯に兄もしくは姉がいる場合、所得状況や兄もしくは姉の年齢によって利用者負担額が軽減される場合があります。

対象となる場合、児童発達支援を利用しているお子さんが

  • 第2子の場合:費用の0.5割と負担上限月額を比較して低い方
  • 第3子以降の場合:無料

となります。

高額障がい児通所給付費

同じ世帯に障がい児通所支援を利用するお子さんが複数いる場合、それぞれかかった費用を合算した額が世帯の月額上限額を超えた分が高額障がい児通所給付費として支給されます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:福祉部社会・障がい者福祉課障がい者自立支援係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1156・1157)

ファックス番号:0948-21-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?