• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 支援・サービス > 障がい福祉サービスの種類

ここから本文です。

更新日:2018年8月21日

障がい福祉サービスの種類

訪問系サービス

在宅で介護を受けたり、通所などで利用するサービスです。

給付の種類

サービスの名称

内容

介護給付

居宅介護
(ホームヘルプ)

自宅で入浴や排せつ、食事などの介助をします。

重度訪問介護

重度の障がいがあり常に介護が必要な人に、自宅で入浴や排せつ、食事などの介助や外出時の移動の補助をします。

行動援護

知的障がいや精神障がいにより行動が困難で常に介護が必要な人に、行動するときに必要な介助や外出時の移動の補助などをします。

同行援護

重度の視覚障がいがある人に、外出時の移動、代筆や代読を含む視覚情報支援などを行います。

重度障がい者等
包括支援

常に介護が必要な人のなかでも介護が必要な程度が非常に高いと認められた人には、居宅介護などの障がい福祉サービスを包括的に提供します。

日中活動系サービス

入所施設で昼間の活動を支援するサービスを行います。

給付の種類

サービスの名称

内容

介護給付

療養介護

医療の必要な障がい者で常に介護が必要な方に、医療機関で機能訓練や療養上の管理、看護、介護や世話をします。

生活介護

常に介護が必要な方に、施設で入浴や排せつ、食事の介助や創作的活動などの機会を提供します。

短期入所

(ショートステイ)

家で介護を行う方が病気になった場合等に、短期間、施設へ入所できます。

訓練等給付

自立訓練

自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定の期間における身体機能や生活能力向上のために必要な訓練を行います。

就労移行支援

就労を希望する方に、一定の期間における生産活動やその他の活動の機会の提供、知識や能力の向上のための訓練を行います。

就労継続支援

通常の事業所で働くことが困難な方に、就労の機会の提供や生産活動その他の活動の機会の提供、知識や能力の向上のための訓練を行います。

就労定着支援

サービスを利用し、一般就労へ移行した障がい者で、就労に伴う環境変化により生活面の課題が生じている方に対して、就労に伴う生活面の課題に対応できるよう、事業所・家族との連絡調整等の支援を行います。

 

居住系サービス

入所施設で住まいの場としてのサービスを行います。

サービスの名称

内容

グループホーム

介護サービス
包括型

共同生活の場所で入浴や排せつ、食事の介助などが受けられます。

外部サービス
利用型

日常的に必要な相談・援助を行い、介護の提供を必要とする場合は、外部の居宅介護事業所等が行います。

施設入所支援

施設に入所する人に、入浴や排せつ、食事の介助などをします。

自立生活援助 障がい者支援施設やグループホーム等から一人暮らしへの移行を希望する知的障がいのある方や、精神障がいのある方などについて、定期的な巡回訪問や随時の対応により、必要な助言や医療機関等との連絡調整等の支援を行います。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:福祉部社会・障がい者福祉課障がい者自立支援係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1156・1157)

ファックス番号:0948-21-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?