ホーム > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > お知らせ > 高額障がい福祉サービス等給付費について

ここから本文です。

更新日:2021年11月29日

高額障がい福祉サービス等給付費について

高額障がい福祉サービス等給付費とは

障がい福祉サービス・障がい児通所支援・補装具・介護保険などのサービスを併用し、ひと月の利用者負担額の合計が利用者負担上限月額(法定の利用者負担額)を超えた場合に、超過分の金額を高額障がい福祉サービス等給付費として還付することができる制度です。

対象となる負担額

  • 障がい福祉サービスに係る利用者負担額
  • 介護保険の利用者負担額(同一人が障がい福祉サービスを併用している場合)
  • 補装具費に係る利用者負担額(同一人が障がい福祉サービス及び障がい児通所を併用している場合)
  • 障がい児通所給付費に係る利用者負担額
  • 障がい児入所給付費に係る利用者負担額
    (障がい児入所給付費については市からご案内ができませんので、同一世帯に障がい児入所支援の利用者と障がい児通所支援の利用者の両者がいる等、該当の可能性のある方は、社会・障がい者福祉課にお問い合わせください。)

障がい児の特例

1人の障がい児が障がい福祉サービスと障がい児通所支援を併用している場合や、同一世帯の複数の障がい児がそれぞれ障がい福祉サービスや障がい児通所支援を利用している場合は、いずれか高い方の利用者負担上限額を算定基準額とし、利用者負担額との差額を高額障がい福祉サービス等給付費として給付します。

(例1)
保護者Aさん・児童Bさん(児童Bさんが障がい福祉サービスと障がい児通所支援を併用)の場合
⇒4月利用分として保護者Aさんが障がい福祉サービス事業所に4,600円、障がい児通所支援事業所に4,600円それぞれ支払ったとき、利用者負担上限月額が4,600円の場合は、4月の高額障がい福祉サービス等給付費として超過分の4,600円が市から保護者Aさんに還付されます。

(例2)
保護者Cさん・児童Dさん・児童Eさん(児童Dさんと児童Eさんがそれぞれ障がい児通所支援を利用)の場合
⇒4月利用分として保護者Cさんが児童Dさん及びEさんの利用する障がい児通所支援事業所(同一事業所または別事業所)にそれぞれの利用分として4,600円ずつを支払ったとき、利用者負担上限月額が4,600円の場合は、4月の高額障がい福祉サービス等給付費として超過分の4,600円が市から保護者Cさんに還付されます。

申請方法

該当する方には、サービス利用の翌年度(介護保険に係る高額障がい福祉サービス等給付費の案内は6~7月頃、障がい児通所給付費に係る高額障がい福祉サービス等給付費の案内は11~12月頃)に、市から申請のご案内をお送りします。

 

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:福祉部社会・障がい者福祉課障がい者自立支援係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1156・1157)

ファックス番号:0948-21-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE