ホーム > 都市環境 > 環境 > 環境計画 > 飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

ここから本文です。

更新日:2022年8月9日

飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

本市では、地球温暖化対策推進法に基づき、令和2年3月に「第3次飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」を策定しました。本計画は、令和2年度から令和12年度までの11年間を計画期間としており、飯塚市全ての事務事業から生じる温室効果ガス排出量の削減に取り組みます。

第3次飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

第3次飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)第4版(PDF:1,317KB)

達成状況

本計画では、温室効果ガスの排出量を基準年度(平成25年度)と比較して、令和12年度に55.1%削減することを目標としています。また、日常業務における環境配慮活動を更に推進し、全庁的な取組へと展開することを目的に、年に1度、市職員個々による省エネに関する取組状況調査を行うこととしているほか、省資源の推進等のため、令和元年度を基準として紙類の使用(購入)枚数を年1%減少させることを目標に取組を行っています。

温室効果ガス総排出量

  H25 R2
原油換算エネルギー量(kl) 12,349 8,510
温室効果ガス排出量(t-CO2) 31,572.97 13,499.43
削減率 42.8%
達成状況 達成

温室効果ガス排出量の削減状況(削減目標の達成状況)を表示しています。各エネルギーごとの使用量などの推移については、下記の達成状況をご確認ください。

職員取組状況調査

紙使用(購入)枚数

第2次飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)と達成状況

第2次飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)(PDF:1,418KB)

達成状況

平成27年度から令和元年度までを計画期間とする第2次飯塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)は、基準年度である平成25年度比で5%の温室効果ガス排出量を削減することを目標と掲げ、平成28年度時点で達成して以降も、温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みを続けてきました。

その結果、施設の増減・移管などによる影響はありますが、計画終期である令和元年度には、基準年度比で約44%の温室効果ガス排出量を削減するに至りました。市としましては、引き続き温室効果ガス排出量の削減に取り組んでまいります。

  H25 H26 H27 H28 H29 H30 R01
排出量(t-CO2) 23,888.16 23,618.42 23,558.21 22,621.13 20,206.37 21,094.86 13,496.75
削減率 1.1% 1.4% 5.3% 15.4% 12.7% 43.5%
状況 未達成 未達成 達成 達成 達成 達成

温室効果ガス排出量の削減状況(削減目標の達成状況)を表示しています。各エネルギーごとの使用量などの推移については、下記の達成状況をご確認ください。

飯塚市地球温暖化対策実行計画の達成状況

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民環境部環境整備課環境推進係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1653・1655)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE