埋蔵文化財に関する  お問い合わせ

飯塚市デジタル  ミュージアム

市内教職員の方へ

学校教育との  連携成果

旧松喜醤油屋    開館日

国指定史跡  鹿毛馬神籠石


10月(仮)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

11月(仮)
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

12月(仮)
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


企画展示/イベント等
令和4年
(2022)

資料館からのお知らせ      



【休館日のご案内】

毎週水曜日年末年始休館日ですが、

展示替えやくん蒸消毒のため、臨時休館の場合もあります

ご確認のうえ、ご来館くださいますようお願い申し上げます。

展示替えのため、

10月18日(火)〜20日(木)まで臨時休館を予定しております。



【予告】企画展

テーマ:(仮題)遠賀川流域の芝居小屋展

会期:令和4年10月21日(金)〜12月6日(火)




【古写真フィールドワーク】

「炭都の記憶」データベースで公開中の古写真の

撮影場所を探検してみませんか?

日時:10月13日(木)13時〜16時

集合場所:飯塚市歴史資料館研修室

講師:九州産業大学地域共創学部教授 緒方 泉

内容:飯塚のまちなかの古写真6枚程度の撮影場所をまち歩きします。
    飯塚のまちなかへは貸切バスを利用します。
    グループで活動し、今と昔の風景を比較して、
    気づいたことや感想などをワークシートへ記入していだきます。
※作成したワークシートは、清書して令和5年度のデジタルミュージアム整備事業においてインターネット上に公開する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

定員:10名

対象:飯塚の古写真や昔の風景に興味がある
    約1時間程度のまち歩きができる方

申込:
10月1日(土)から開始
    電話またはFAXで歴史資料館(0948−25−2930)へ
    氏名・年齢・住所(市町村まで)・電話番号をお伝えください。

その他:九州産業大学地域共創学部との協働事業のため、
     当日は緒方ゼミ大学3年生12名が参加者の方のサポートをします。

詳細はこちらのチラシデータからご確認ください。


【庭園ゼミ】(募集終了)

多数のお申込みありがとうございました。
応募者数が定員を超えたため、抽選となります。
9月初め頃に抽選結果をお知らせします。


日本庭園の魅力について見学や剪定を通じて学びませんか。
日時:9月28日(水)13時30分から16時20分まで
内容:テーマ@日本庭園の見方・楽しみ方(講話・見学)
         福岡県世界遺産室 正田実知彦 氏
    テーマA名勝庭園を剪定しよう(剪定実技講習)
         京都芸術大学日本庭園・歴史遺産研究センター
           片石 高幸 氏
場所:旧伊藤伝右衛門邸
費用:無料
定員:20名
※受付締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
対象:テーマ@、テーマAどちらも受講できる方
詳細:こちらから詳細をご確認いただけます。




【館長講座】


令和4年7月から館長講座を再開いたしました。

こちらから詳細をご覧いただけます。




【おうちミュージアムへの参加】

飯塚市歴史資料館では、北海道博物館の発信する「おうちミュージアム」の趣旨に賛同し、おうちミュージアムへ参加いたしました。

飯塚市デジタルミュージアム







☆旧伊藤伝右衛門邸3Dパノラマビューの公開☆

旧伊藤邸をインターネット上で自由に歩くことが出来るコンテンツを整備しました。
通信環境にあるパソコン・タブレット・スマートフォンから見ることができます。

ぜひこの機会に旧伊藤伝右衛門邸へお越しください。

下のリンクからアクセスできます。

3Dパノラマビュー(建物)

3Dパノラマビュー(庭園)


※詳細な使い方はこちら
(PDF)をダウンロードします。

※↓使い方の紹介映像です。(サイズ230MB)
















【ご来館の皆様へのお願い】

≪来館時のお願い≫
 
こちらからご一読ください

※団体(20名以上)のご利用可能です。
<複数名でお越しのお客様へお願い>
新型コロナウイルス対策のため入館時に名簿の提出をお願いしております。
事前にご準備(氏名・住所・年齢・電話番号)いただけますとスムーズに入館できます。
ご準備くださった名簿は受付へお渡しください。


ご不便をおかけいたしますがご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
尚、変更等がある場合は随時お知らせいたします。


【旧松喜醤油屋】


幕末から明治初期に建築されたといわれる商家です。
現在残る家屋は母屋と離れで、母屋には明治6年(1873)の筑前竹槍一揆の際につけられたとされる
大黒柱のきずあとが残っています。


≪来館時のお願い≫

をこちらからご一読ください




≪通常時の開館予定≫

4月〜10月まで以下の日程で開館する予定です。
開館日:第1・第3木曜日、第2土曜日、第4日曜日
時 間:10時00分〜16時00分
直近の開館カレンダーはこちら
   (エクセルファイルが開きます)

場 所:飯塚市勢田730番地
(地図はこちら)

※悪天候等により、臨時休館となる場合がありますので、
 お越しの前に歴史資料館へお問い合わせください。
※電話番号(0948−25−2930)は歴史資料館の電話番号です。
 電話番号でナビに登録すると歴史資料館へ案内されますので、
 ご注意ください。



・市内教職員の方へ【資料館活用学習】

利用案内
に「飯塚市歴史資料館を活用した学習」に関するコーナーを新設しました。
ぜひご活用ください。


・主な展示資料案内
 ●国指定重要文化財「立岩遺跡堀田甕棺群出土品」
  (弥生時代)をはじめとする旧石器〜江戸時代の貴重な考古
  資料を多数展示
 ●長崎街道 飯塚宿・内野宿関連資料
 ●明治〜大正〜昭和初期の民俗資料(農機具・生活用具等)
 ●炭鉱関連資料(写真・資料パネル・道具等)
 ●伊藤伝右衛門および白蓮関連資料
 ●
山本作兵衛翁関係資料
  
 (田川市所有分等が国内初「世界の記憶」登録)
      炭鉱記録画(原画)
      西日本文化賞受賞関係資料・生活道具等

 ●黒田官兵衛・長政ゆかりの資料

・その他
 ●「飯塚紹介ビデオ」常時放映中
 ●炭鉱の様子を煙草の空箱で作成したペーパークラフト作品

アクセスカウンター

【ご注意】企画展開催期間中は一部展示会場として使用しています。

国から重要文化財に指定された立岩遺跡の出土品をはじめ、旧石器時代から近代に至る貴重な出土品、中国西安市との深い友好関係を示す資料や民俗・歴史・石炭資料など約1500点を展示しています。

↑  上部に戻る