ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護サービスを利用するときの手順

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

介護サービスを利用するときの手順

1.相談しましょう

どんなサービスを利用したいのか、決まっている人もそうでない人も、まずはお住まいの地区の地域包括支援センターや飯塚市の窓口で相談しましょう。

2.要介護(支援)認定申請をしましょう/基本チェックリストを受けましょう

要介護(支援)認定申請

介護サービスや介護予防サービスを利用したい人は、飯塚市に要介護(支援)認定申請をしましょう。

申請は本人または家族のほか、成年後見人、地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、介護保険施設などに代行してもらうこともできます。

基本チェックリスト

介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)の利用を希望する人は、地域包括支援センターや飯塚市の窓口で基本チェックリストを受けましょう。

基本チェックリストで生活機能の低下がみられた場合は、「事業対象者」として、総合事業を利用することができます。

3.認定調査を受けましょう

要介護(支援)認定申請の受付が終わった後、飯塚市から訪問調査員がご自宅を訪問し、心身の状態を調査します。ご本人やご家族からも聞き取り調査を行います。全国共通の調査票を用いて、基本調査、概況調査、特記事項の記入により行われます。

《基本調査項目》

麻痺等の有無、拘縮の有無、寝返り、起き上がり、座位保持、両足での立位保持、歩行、立ち上がり、片足での立位、洗身・つめ切り、視力、聴力、移乗、移動、嚥下、食事摂取、排尿・排便、口腔清潔・洗顔・整髪、衣服着脱、外出頻度、意思の伝達、記憶・理解、精神・行動障害、薬の内服、金銭の管理、日常の意思決定、集団への不適応、買い物、簡単な調理、過去14日に受けた医療、日常生活自立度

4.審査・判定されます

調査票の結果はコンピュータで処理され、コンピュータ判定(一次判定)が行われます。コンピュータ判定の結果と調査票の特記事項、主治医意見書をもとに「介護認定審査会」で審査を行い、最終的な要介護状態区分が判定されます(二次判定)。

5.認定結果が通知されます

介護認定審査会の審査結果に基づいて、次の区分のいずれかに認定されます。

  • 要介護1~5
  • 要支援1・2
  • 非該当(自立)

6.介護保険を使って、介護サービスを利用できるようになります

要介護1~5の人

在宅で介護サービスを利用したいとき

1.居宅介護支援事業所を決めて、ケアプランの作成を依頼します。

2.ケアマネジャーと相談しながら、ケアプランを作成します。

3.ケアプランが完成したら、利用する介護サービスの具体的な説明を受け、契約を行います。

4.必要な介護サービスの利用が始まります。

介護施設に入所したいとき

1.入所したい施設に直接申し込みます。

2.入所した施設でケアマネジャーと相談しながら、ケアプランを作成します。

3.必要な介護サービスの利用が始まります。

要支援1・2の人または事業対象者

1.お住まいの地区の地域包括支援センターに連絡をし、介護予防サービスを利用したいことを伝えます。

2.地域包括支援センターの職員との話し合いをします(サービス担当者による課題分析)。

3.介護予防ケアプランを作成します。

4.必要な介護予防サービスの利用が始まります。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:福祉部介護保険課認定係

〒820-8501福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-96-8232

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE