ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者福祉サービス事業 > 高齢者住宅改造助成事業について

ここから本文です。

更新日:2021年8月13日

高齢者住宅改造助成事業について

在宅の高齢者がいる世帯又は高齢者と同居しようとする世帯に対し、住宅を高齢者の居住に適するように改造する費用の一部を助成します。

対象要件

おおむね65歳以上の市民と同居又は同居しようとする世帯で、世帯構成員全員の所得税及び住民税が非課税の世帯であって、市長が必要と認める世帯であること。

助成対象となる工事内容

助成対象となる工事内容は、要介護認定において「要支援1~2」又は「要介護1~5」の認定を受けた者(この項において「要介護等認定者」という。)のいる世帯については、介護保険における住宅改修費の対象外となる工事内容、要介護認定において「非該当」の判定を受けた者で予防的見地から必要と認められる者又は要支援状態に準ずると認められる者(この項において「予防対象者」という。)のいる世帯については、介護保険における住宅改修費の対象となる工事内容とする。

助成額及び助成基準額等

助成額は、改造に要した額と助成基準額のいずれか低い額に助成率を乗じて得た額とする。
助成基準額は、100,000円とする。
助成率は、生保世帯10割、その他の世帯9割とする。

利用回数等

助成は、当該住宅につき1回限りとする。
要介護等認定者と予防対象者のいずれもいる世帯については、申請者は介護保険における住宅改修費の対象外となる工事内容又は介護保険における住宅改修費の対象となる工事内容のいずれか一方の工事内容を選択する。

備考

(1)助成の申請、決定前に工事に着手又は完了した工事に対しては、助成しない。
(2)介護認定の新規申請中である場合は、申請書は受理しない。
(3)介護保険における住宅改修費の利用が可能である場合は、介護保険における住宅改修費を優先的に活用するものとする。
(4)本サービスと同様の助成を受け一括で工事を施工しようとするときは、工事内容は明確に区分できるものでなければならない。

参考資料

飯塚市高齢者福祉サービス事業実施要綱(PDF:231KB)(別ウィンドウで開きます)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部高齢介護課高齢者支援係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1140~1144)

ファックス番号:0948-25-6214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE