ホーム > 都市環境 > 下水道 > 飯塚市浄化槽設置整備事業補助金制度

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

飯塚市浄化槽設置整備事業補助金制度

令和3年度の受付を開始しました。

令和3年4月1日より企業局下水道課管理係にて受付を行っています。

 

1.目的

一般的に河川の水質汚濁の原因の約70%が、家庭から排出される生活雑排水によるものと言われています。

市では、河川等の公共水域の水質浄化を目的として、台所や風呂、洗濯等に使った水とトイレの汚水を一緒に処理できる浄化槽の設置を促進しています。

個人が居住する住宅に浄化槽を設置する場合、設置費用の一部を助成します。

2.補助制度の内容

補助金を受けられる地域

公共下水道事業計画区域並びにうぐいす台団地汚水処理施設、頴田中央東団地汚水処理施設及び内野地区農業集落排水処理施設の処理区域以外の地域

 

補助金を受けられる浄化槽

生物化学的酸素要求量(BOD)の除去率90%以上、放流水のBOD20mg/l(日間平均値)以下の浄化槽で国土交通大臣認定品のうち(社)全国浄化槽団体連合会に登録された製品

 

補助金の額及び人槽算定方法

  • 浄化槽設置費

人槽別補助金額

人槽区分

補助金限度額

5人槽

332,000円

7人槽

411,000円

10人槽

519,000円

人槽算定方法

人槽算定基準

人槽

住宅の延床面積が130平方メートル以下

5人槽

住宅の延床面積が130平方メートルより大きい

7人槽

二世帯、大家族住宅(台所及び浴室が2箇所以上)

10人槽

 

  • 処分費及び配管設置費

費用の区分

人槽

限度額
単独処理浄化槽の処分費

全ての人槽

90,000円
くみ取便槽の処分費 全ての人槽 60,000円

単独処理浄化槽の転換に伴う配管設置費

全ての人槽 300,000円
くみ取便槽の転換に伴う配管設置費 全ての人槽 140,000円

その他

  • 補助の対象となる建物は専用住宅です。
    店舗等と併用する場合は、延床面積の2分の1以上が住宅部分であることが要件となります。
  • 汚水処理未普及の解消につながらない浄化槽の設置は補助の対象外となります。ただし、災害に伴い必要となった家屋の建て替えに伴う浄化槽設置及び故障した浄化槽の更新または改築は補助の対象です。
  • 浄化槽設置工事の着工前に申請して補助金の交付決定を受ける必要があります。
  • この補助制度は、年度途中であっても予算額に達したときは、その時点で受付を締切ります
  • 既成底板コンクリート(PC板)を使用する際は、申請時にお問い合わせください。
  • 令和3年4月1日から単独処理浄化槽・汲み取り式便槽からの転換に伴う処分費及び配管設置費についても補助対象となります。

3.浄化槽の管理について

浄化槽は微生物の働きにより汚水を処理する設備です。

微生物が活動しやすい環境を保つため、浄化槽法で保守点検、清掃、法定検査を定期的に行うことが義務付けられています。

4.申請書類関係

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企業局下水道課管理係

〒820-8605 福岡県飯塚市忠隈523番地

電話番号:0948-22-0380(内線2241)

ファックス番号:0948-29-8772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE