ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 妊婦健康診査

ここから本文です。

更新日:2022年5月18日

 

妊婦健康診査

安全な妊娠と丈夫な赤ちゃんを産むためには、妊娠中に定期的な健康診査を受けることが大切です。

健康診査によって異常の早期発見をし、適切な措置を受けることで妊娠が正常に経過して安心・安全な出産へと繋がります。そのため、飯塚市では妊婦健康診査の費用の助成を行っています。

妊婦健康診査受診券について

  • 妊娠届出書の申請時に、母子(親子)健康手帳と一緒に交付しています。助成回数は14回です。
  • 福岡県内の妊婦健康診査実施医療機関・助産院で使用できます。

(注)貧血・血糖・超音波・感染症等の検査・その他の血液検査は、医療機関のみの実施となりますので、大切な検査は必ず受けるようにしましょう。

  • 受診券は、本人以外の使用はできません。紛失されても受診券は再交付できません。
  • 他の市町村へ引っ越しをする場合、妊婦さんが飯塚市の住民ではなくなった時点(転出日)から使用ができなくなります。引っ越しが決まった際は、速やかに転入する市町村へ必要な手続きを確認し、転入先の市町村で新たな受診券の交付が受けられるようお手続きください。

(注)転出日以後に飯塚市で交付された受診券を使用してしまった場合、飯塚市では助成ができません。転入先の市町村へご相談ください。

里帰り出産に伴う県外医療機関妊婦健康診査について

福岡県外の里帰り先等で妊婦健康診査を受けられる際も、申請することで各受診券項目の上限額まで助成を受けることができます。助成を受けるには、窓口または郵送で下記の申請手続きが必要です。

【移転お知らせ】R4年4月1日より、母子手帳交付・妊婦健康診査・こどもの定期予防接種・新生児訪問等の申請窓口は飯塚市役所本庁舎(新立岩5番5号)1階の子育て支援課へ移転しました。穂波支所ではお手続きができませんので、ご注意ください。

(注)福岡県外で妊婦健康診査を受診される際は、「妊婦健康診査受診券」を医療機関に提出し、健診結果を必ず記入してもらってください。また、健診料金は一旦全額支払いですので、領収書等必要書類を受け取り、申請まで大切に保管してください。

★案内チラシ「県外で妊婦健康診査を受けられる方へ」(PDF:210KB)

申請期間〉

最後に受診券を使用した健診日から4か月以内

申請に必要なもの〉

  1. 県外医療機関(助産所を含む)妊婦健康診査助成金交付申請書兼請求書(PDF:110KB)県外医療機関(助産所を含む)妊婦健康診査助成金交付申請書兼請求書【記入例】(PDF:45KB)
  2. 妊婦健康診査受診券の請求用(検査結果・受信日・健診医療機関名がすべて記入済みの券のみ有効)
  3. 医療機関の領収書と明細書(コピー可)
  4. 母子(親子)健康手帳(妊婦健康診査の受診履歴がわかるページのコピー可)
  5. 銀行振り込み指定口座・口座番号(妊婦さん本人名義)がわかるもの(コピー可)

(注)印鑑(シャチハタ等インク浸透印は不可)

(注)以下の場合は、上記書類に加えて該当する委任状が必要です

A.妊婦本人以外の代理人が窓口へ申請に来る場合(委任状〈請求〉用)(PDF:65KB)

B.妊婦名義の口座がない場合(委任状〈受領委任:口座〉用)(PDF:95KB)

C.上記A.およびB.の両方に該当する場合(委任状〈請求及び受領委任:口座〉用)(PDF:90KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部子育て支援課母子保健係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1115~1124)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE