ホーム > 産業・ビジネス > 商工業 > 融資・助成 > 経営者保証に関するガイドライン

ここから本文です。

更新日:2020年9月16日

経営者保証に関するガイドライン

個人保証なしで金融機関から融資を受けたり、事業が破綻しても一定の生活費などを残すことができるルールができました。

  1. 法人と個人の資産・経理が明確に分離されている場合などにおいて、個人保証が不要となること。
  2. 多額の個人保証を行っていても、経営が行き詰まる前に、早めに事業再生や廃業を決断した際に一定の生活費などが残ることを定める「経営者保証に関するガイドライン」が中小企業庁・金融庁主導の下、策定されました。
    金融機関と相談したい方、まずはお問い合わせください。

詳細は以下のページよりご確認ください。

https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/keieihosyou/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問合せ先

中小企業基盤整備機構九州本部(電話:092-263-0300)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:経済部商工観光課商工係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1463)

ファックス番号:0948-22-6062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE