市内教職員の方へ

旧松喜醤油屋    開館日

飯塚市デジタル  ミュージアム


12月(仮)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1月(仮)
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2月(仮)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

企画展示/イベント等
2019
11

資料館からのお知らせ      



企画展

【近世・近代の飯塚の画家展】

〜新元号「令和」記念展同時開催〜


チラシはこちら


会期:令和元年10月3日(木)〜令和元年12月1日(日)まで
時間:9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
場所:飯塚市歴史資料館
※会期中は休館日なしで開館します

〈記念講演@〉終了いたしました。
令和元年10月13日(日)13時30分〜15時30分
テーマ:「斎藤秋圃と飯塚」
講 師:元近畿大学教授  橋冨 博喜


〈記念講演A〉終了いたしました。
令和元年11月9日(土)13時30分〜15時30分
テーマ:「万葉集と筑豊の万葉歌碑」
講 師:飯塚市歴史資料館学芸員  仲村 慎太郎
※いずれも事前申し込み(TEL・FAXにてお名前とご連絡先を明記)必要。
※申し込み先は歴史資料館TEL・TAX:0948−25−2930
※定員50名
※受講料は無料ですが、観覧料が必要です。



【飯塚市歴史資料館 所蔵絵画展】
期間:令和元年11月12日(火)〜15日(金)
時間:9:00〜17:00
場所:飯塚市役所本庁舎1階 多目的ホール
テーマ:
黒田清輝最後の弟子「斧山萬次郎」の水彩画
     
昭和の飯塚の風景などを題材とした絵画を展示します

※観覧料は無料です。
※チラシ(ご案内)はこちらをクリックしてください。

【旧松喜醤油屋開館日の変更】

※11月5日〜2月21日まで臨時休館
※2月22日〜3月3日までひな祭り展のため開館
※3月4日以降は以下の開館日を予定しています

開館日:第1・第3木曜日、第2土曜日、第4日曜日
時 間:10時00分〜16時00分
直近の開館カレンダーはこちら
   (エクセルファイルが開きます)

場 所:飯塚市勢田730番地


※天候状況(台風の接近や大雨、大雪など)により、
臨時休館となる場合がありますので、
お越しの前に歴史資料館へお問い合わせください。
※電話番号(0948−25−2930)は歴史資料館の電話番号です。
 電話番号でナビに登録すると歴史資料館へ案内されますので、
 ご注意ください。


【令和元年度 館長講座】
 日程:別紙のとおり(こちらをクリック)
※3月の日程が変更となりました。
変更後の日程は、
3月21日(土)です
 時間:13:30〜15:30

 場所:飯塚市歴史資料館 研修室
 内容:遺跡・遺物と文献史料・民俗資料から見た遠賀川流域の地域史
     詳細はこちらをクリック
 事前申込み不要ですが、入館料が必要です。


【休館日のお知らせ】

 毎週水曜日。年末年始。
 展示替えのため、
12月2日(月)、3日(火)、4日(水)
1月29日(水)、30日(木)、31日(金)は
休館予定です。

※左側のカレンダーもご参照ください。
  ただし、お使いのブラウザにより正しく反映されていない場合がございます。ご了承ください。

・市内小中学校の教員の方へ
利用案内中段に
「飯塚市歴史資料館を活用した学習」に関するコーナーを新設しました。
ぜひご活用ください。

・主な展示資料案内
 ●国指定重要文化財「立岩遺跡堀田甕棺群出土品」
  (弥生時代)をはじめとする旧石器〜江戸時代の貴重な考古
  資料を多数展示
 ●長崎街道 飯塚宿・内野宿関連資料
 ●明治〜大正〜昭和初期の民俗資料(農機具・生活用具等)
 ●炭鉱関連資料(写真・資料パネル・道具等)
 ●伊藤伝右衛門および白蓮関連資料
 ●
山本作兵衛翁関係資料
  
 (田川市所有分等が国内初「世界記憶遺産」登録)
      炭鉱記録画(原画) 13点
      西日本文化賞受賞関係資料・生活道具等

 ●黒田官兵衛・長政ゆかりの資料

・その他
 ●「飯塚紹介ビデオ」常時放映中
 ●炭鉱の様子を煙草の空箱で作成したペーパークラフト作品

アクセスカウンター

【ご注意】企画展開催期間中は一部展示会場として使用しています。

国から重要文化財に指定された立岩遺跡の出土品をはじめ、旧石器時代から近代に至る貴重な出土品、中国西安市との深い友好関係を示す資料や民俗・歴史・石炭資料など約1500点を展示しています。

↑  上部に戻る