• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 税金 > 固定資産税 > 評価替えとは

ここから本文です。

更新日:2016年12月13日

評価替えとは

評価替えとは、3年ごとに土地と家屋の評価額を資産価値の変動に応じて、適正で均衡のとれた価格に見直す作業です。平成27年度はこの評価替え年度にあたります。

土地の評価替え

宅地の評価額は、平成26年1月1日時点の地価公示価格や鑑定評価価格などの7割を目途に算定し、さらに、平成26年7月1日までの半年間の地価の下落を評価額に反映させた見直しを行っています。
また、農地については市内全域にて統一の評価を行い評価額の見直しを行いました。

家屋の評価替え

家屋の評価額は、再建築価格をもとに、工事原価(物価水準)の変動割合や新築時からの経過年数に応じた資産価値の減少分を反映させて見直しを行っています。
ただし、評価額が前年度の価格を超える場合は、前年度の価格に据え置かれます。この評価額は増改築、取り壊しなどがない限り、平成27年度から平成29年度までの3年間は据え置かれます。
また、家屋の評価額は再建築価格の20%に対応する年数を経過した場合も据え置かれます。

再建築価格について

再建築価格とは、評価替えの時点で同一の家屋を新築する場合に必要とされる建築費のことです。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:行政経営部税務課固定資産税係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1052~1056)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?