• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 税金 > 固定資産税 > 太陽光発電設備等(再生可能エネルギー発電設備)に係る課税について

ここから本文です。

更新日:2018年12月11日

太陽光発電設備等(再生可能エネルギー発電設備)に係る課税について

家屋の屋根・土地等に10kw以上の太陽光パネルを設置して売電する場合には、設置した太陽光パネル等の設備は固定資産税(償却資産)の対象となります。
毎年1月1日現在所有しているものについて、1月31日までに固定資産税(償却資産)の申告をお願いします。

 

発電に係る設備の部分別評価区分

設置方法

太陽光発電設備

太陽光パネル

架台(レール)

接続箱

パワーコンディショナー

表示ユニット

電力量計

太陽光パネルを家屋の屋根材として設置

太陽光パネルを架台に乗せて屋根に設置

太陽光パネルを家屋の屋根材として設置するとともに、カーポートや庭など、家屋以外の場所にも設置

屋根

家屋以外

太陽光パネルを屋根に架台に乗せて設置するとともに、カーポートや庭など、家屋以外の場所にも設置

屋根

家屋以外

太陽光パネルを屋根以外の場所に設置

家・・・固定資産税(家屋)に該当し申告は不要

償・・・固定資産税(償却資産)に該当し申告が必要

その他

  • 太陽光発電設備の耐用年数は、17年です。(耐用年数省令別表第2「31電気事業用設備」の「その他設備」の「主として金属製のもの」)
  • 所得税及び法人税において、グリーン投資減税により特別償却(即時償却)の適用を受けた場合であっても固定資産税(償却資産)においては申告の対象となります。
  • 10kw以上の太陽光発電設備はすべて事業用となり、余剰売電、全量売電の契約に関わらず申告対象となります。
  • 事業用と住宅用の双方に利用されている場合、利用割合に関わらず発電設備はすべてが事業用となり、申告対象となります。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:行政経営部税務課固定資産税係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1052~1056)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?