• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > ひとり親家庭支援 > 養育費保証促進補助金制度

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

養育費保証促進補助金制度

令和2年4月1日から「養育費保証促進補助金制度」がスタート!

飯塚市では、子どもの貧困対策の一環として、全国的に社会問題となっている養育費の不払いに関し、令和2年4月1日から、養育費を確実に受け取れる仕組みを整えることで、養育費の取決めに関する債務名義化の促進が図られ、継続した養育費の確保に繋がる事業として、九州の自治体では初めての取組みとなる養育費保証促進補助金交付制度を開始します。

目的・内容

ひとり親家庭の母又は父(現に児童を扶養している方)の養育費の取決め内容の債務名義化を促進し、継続した履行確保を図ることを目的に、保証会社と養育費保証契約を締結する際の本人負担費用(保証料)を補助します。

債務名義とは、確定判決や強制執行認諾付公正証書、調停調書などの公的な文書のことです。

対象者

飯塚市にお住まいのひとり親家庭の母又は父で、次の要件の全てを満たす方

(1)児童扶養手当受給者又は児童扶養手当を受給できる所得水準にあること

(2)養育費の取決めに係る債務名義を有していること

(3)養育費の取決めの対象となる児童を現に扶養していること

(4)令和2年4月1日以降に保証会社と1年以上の養育費保証契約を締結していること

(5)過去に養育費保証促進補助金を交付されていないこと

補助対象及び補助金の額

補助対象は、保証会社と養育費保証契約を締結する際に要する経費のうち、保証料として本人が負担する費用で、補助金の額は、保証料の額又は5万円のいずれか低い額となります。

申請書類及び持参するもの

対象となる本人が申請してください(印鑑をお持ちください。)。

  1. 養育費保証促進補助金交付申請書(子育て支援課窓口にあります。)
  2. ひとり親等及びその扶養している児童の戸籍謄本又は抄本及び世帯全員の住民票の写し
  3. ひとり親等に係る児童扶養手当証書の写し(ひとり親等が児童扶養手当受給者の場合)又はひとり親等の前年(1月から5月までの間に申請する場合は、前々年)の所得証明書
  4. 補助対象となる経費の領収書又はクレジット契約証明書(領収書には、宛先、領収年月日、領収金額、取引内容、領収者の住所及び氏名、領収印が必要です。)
  5. 養育費の取決めをした文書(確定判決や強制執行認諾約款付公正証書、調停調書など、債務名義化した文書に限ります。)
  6. 保証会社と締結した養育費保証契約書(保証期間が1年以上のもの)
  7. その他市長が必要と認めるもの(必要に応じてお願いすることがあります。)

養育費の未払いを防ぐために!!(PDF:1,727KB)

ひとり親家庭等の自立支援に関する連携協定

令和2年3月26日にひとり親家庭等の自立支援に関する連携協定を日本法規情報株式会社と締結しました。

飯塚市が推進する公民連携の一環として、ひとり親家庭等の自立支援に関する連携協定を日本法規情報株式会社と締結しました。同社は、ひとり親家庭等への自立支援に必要な情報の提供、法律相談等の専門的な相談の受付及び就労支援などを行っており、このたびの連携協定により、ひとり親家庭等への支援が充実します。

連携協定式



 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部子育て支援課こども家庭係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1119・1120)

ファックス番号:0948-21-9508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?