ここから本文です。

更新日:2020年8月25日

共生社会ホストタウン

共生社会ホストタウンとは

パラリンピアンとの交流などをきっかけに共生社会の実現に向け、ユニバーサルデザインのまちづくりと心のバリアフリーに取り組むホストタウン。

登録の状況:本市を含め92件(令和2年6月現在。明石市、足立区、厚木市、飯塚市、池田市、伊豆の国市、伊勢市、猪苗代町、潮来市、宇部市、浦安市、江戸川区、大磯町・神奈川県、大分市、大館市、邑南町、岡山市、小田原市・神奈川県、加美町、加古川市、柏市、金沢市、川崎市、北九州市、北本市、岐阜市・岐阜県、岐阜市、釧路市、甲賀市、神戸市、国分寺市、小松市、佐伯市、酒田市、札幌市、志賀町、静岡市、渋川市、志摩市、島原市、鈴鹿市、世田谷区、仙台市、仙北市、大東市、高松市、田川市、滝川市、龍郷町、築上町、鶴岡市、遠野市、鳥取市・鳥取県、富岡市、登米市、豊橋市、長岡市、鳴門市・徳島県、中津市、成田市、西東京市、練馬区、能代市、箱根町・神奈川県、浜松市、東根市、登別市、平塚市・神奈川県、弘前市、福井市、福島市、富士河口湖町、藤沢市・神奈川県、富士見市、別府市、益田市、町田市、松山市・愛媛県、真庭市、三木市、三沢市、みどり市、宮崎市、三芳町、武蔵野市、守口市、守山市、焼津市、大和郡山市、山梨市、横浜市、陸前高田市)

共生社会ホストタウン活動計画

飯塚市の共生社会ホストタウン活動計画(PDF:619KB)

共生社会ホストタウン連絡協議会

平成31年(2019年)2月、山口県宇部市で行われた共生社会ホストタウンミットin宇部にて、全国14自治体による共生社会ホストタウン連絡協議会の設立が宣言されました。今後は、登録自治体で連携して共生社会の実現に向けた取組を発信していきます。

共生社会ホストタウン連絡協議会Facebookページ(外部サイトへリンク)

先導的共生社会ホストタウン認定

令和元年8月に共生社会ホストタウンのうち、先導的・先進的なユニバーサルデザインの街づくりと心のバリアフリーに取り組む自治体を、先導的共生社会ホストタウンとして内閣官房オリパラ事務局より認定されました。

登録の状況:本市を含め13自治体(令和2年3月現在。明石市、飯塚市、宇部市、江戸川区、大分市、川崎市、神戸市、世田谷区、田川市、遠野市、浜松市、福島市、三沢市)

先導的共生社会ホストタウンの認定について(PDF:171KB)

共生社会ホストタウンこれまでの主な経緯(PDF:263KB)

飯塚市先導的共生社会ホストタウン関連事業(PDF:264KB)

共生社会ホストタウンサミット㏌飯塚

令和元年10月20日(日曜日)に、のがみプレジデントホテル4階大和の間にて、オリパラ担当大臣や全国の共生社会ホストタウン首長、市民など約200名参加のもと、共生社会ホストタウンサミットin飯塚を開催し、パラリンピック競泳金メダリストの河合純一氏によるパラリンピックを通じて考える「共生社会」についての基調講演や、誰もが訪れやすい街づくり(ユニバーサルツーリズム)をテーマとしたパネルディスカッションを通じて、共生社会の実現に向けた機運醸成を図りました。

共生社会ホストタウンサミット㏌飯塚開催内容(PDF:2,137KB)

・サミット会場全体写真(JPG:2,054KB)

・共生社会ホストタウン認定書交付式写真(JPG:747KB)

・共生社会ホストタウン連絡協議会写真(JPG:14,048KB)

・サミット参加者全員によるフォトセッション(JPG:15,360KB)

・基調講演写真(JPG:756KB)

・パネルディスカッション写真(JPG:820KB)

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:行政経営部都市施設整備推進室都市施設整備推進担当

〒820-8501 

電話番号:0948-22-5500(内線1646)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?