ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > マイナンバー制度 > 個人情報の保護対策

ここから本文です。

更新日:2022年4月21日

個人情報の保護対策

法律で定められた目的以外にむやみに他人にマイナンバーを提供することはできません。他人のマイナンバーを不正に入手することは、処罰の対象になります。
以下のように個人情報の保護に関する措置を講じています。

 

  • 制度面の保護措置としては、法律に規定があるものを除いて、マイナンバーを含む個人情報を収集したり、保管したりすることを禁止しています。また、特定個人情報保護委員会という第三者機関が、マイナンバーが適切に管理されているか監視・監督を行います。さらに法律に違反した場合の罰則も、従来より重くなっています。
  • システム面の保護措置としては、個人情報を一元管理するのではなく、従来通り、年金の情報は年金事務所、税の情報は税務署といったように分散して管理します。また、行政機関間で情報のやりとりをするときも、マイナンバーは直接使わないようにしたり、システムにアクセスできる人を制限したり、通信する場合は暗号化を行います。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報管理課電算管理係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1671~1672)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE