• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 産業・働く > 農業・林業 > ため池マップ1(防災重点ため池)

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

ため池マップ1(防災重点ため池)

飯塚市内の防災重点ため池マップを福岡県が作成しましたので公表します。

ため池の役割

ため池の水は、農業用水としてだけでなく、防火用水など地域用水としても活用されています。また、ため池は農業用水を貯水するだけでなく、豪雨時には雨水を一時的に溜める洪水調節や土砂流出の防止などの役割や、様々な生物の生息場所などの機能もあります。また、時には地域の言い伝えや祭りなどの伝承文化の発祥となっているものもあります。

<ため池の主な機能>

農業用水の貯留:農業用水を貯め、必要に応じ補給

洪水調節:豪雨時に一時的に洪水を貯留

土砂流出防止:上流から流入する土砂を溜める

生態系の保全:水生植物、昆虫類等の生息場所

保健休養:地域の人々の憩いの場

ため池での禁止事項

魚釣り・水遊び等を目的とした立入りを禁止しています。

防災重点ため池とは

決壊した場合の浸水区域(以下「浸水区域」という)に家屋や公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれのあるため池です。防災重点ため池は、ため池と家屋等との距離や貯水量により選定されており、ため池自体の危険性によって選定されたものではありません。

防災重点ため池の選定基準

  1. ため池から100メートル未満の浸水区域に家屋、公共施設等があるもの
  2. ため池から100メートル以上500メートル未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量1,000立方メートル以上のもの
  3. ため池から500メートル以上の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量5,000立方メートル以上のもの
  4. 地形条件、家屋等との位置関係、維持管理の状況等から都道府県及び市町村が必要と認めるもの

※ため池マップは、緊急時等の迅速な状況把握や避難行動につなげる基礎的な情報として参考にしてください。

index

ため池マップ(防災重点ため池)B-C(PDF:4,317KB)

ため池マップ(防災重点ため池)D-E(PDF:5,645KB)

ため池マップ(防災重点ため池)F-I(PDF:4,796KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市建設部農業土木課

電話番号:0948-22-5500(内線1561・1563)

ファックス番号:0948-22-5827

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?