• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2016年12月21日

税率表

飯塚市の法人市民税の税率は次のとおりです。

均等割の税率

資本金等(※)の額が

50億円を超える法人

本市事業所等の従業者数が50人を超えるもの

3,000,000円

本市事業所等の従業者数が50人以下のもの

410,000

10億円を超え50億円
以下の法人

本市事業所等の従業者数が50人を超えるもの

1,750,000円

本市事業所等の従業者数が50人以下のもの

410,000

1億円を超え10億円
以下の法人

本市事業所等の従業者数が50人を超えるもの

400,000

本市事業所等の従業者数が50人以下のもの

160,000

1千万円を超え1億円
以下の法人

本市事業所等の従業者数が50人を超えるもの

150,000

本市事業所等の従業者数が50人以下のもの

130,000

1千万円以下の法人

本市事業所等の従業者数が50人を超えるもの

120,000

本市事業所等の従業者数が50人以下のもの

50,000

資本金・出資金を

有しない法人

 

50,000

※保険業法に規定する相互会社にあっては、純資産額として政令で定めるところにより算定した金額をいう。

 法人税法第2条第16号に規定する資本金等の額又は同条第17号の2に規定する連結固定資本金等の額に、無償増資(※1)及び無償減資等による欠損填補(※2)の額を加減算した金額。

  ※1無償増資  平成22年4月1日以後、剰余金又は利益準備金を資本金とした金額を加算

  ※2無償減資等による欠損填補  

  ・平成13年4月1日から平成18年4月30日までの間に、資本又は出資の減少による資本の欠損の填補並びに資本準備金

  による資本の欠損の填補に充てた金額を控除。

  ・平成18年5月1日以後に、剰余金を損失の填補に充てた金額を控除。ただし、損失の填補に充てた日以前1年間において

  剰余金として計上した額に限る。

〈税率区分の基準〉

「資本金等の額」が「資本金の額及び資本準備金の額の合計額又は出資金の額」に満たない場合、均等割及び法人税割の税率区分の基準は「資本金の額及び資本準備金の額の合算額又は出資金の額」となります。

   資本金等の額 > 資本金+資本準備金 ・・・ 「資本金等の額」が基準

  資本金+資本準備金 > 資本金等の額 ・・・ 「資本金+資本準備金」が基準

法人割の税率

平成26年度税制改正により地方法人税(国税)が創設されることに伴い、平成26年10月1日以後に開始する事業年度から法人市民税法人税割の税率が以下のように引き下げられることとなりました。

法人等の区分

税率

平成26年10月1日以後に

開始する事業年度

資本金等の金額が1億円を超える法人及び相互会社

12.1%

資本金等の金額が1億円以下の法人及び資本金・出資金を有しない法人等

9.7%

※従業員数について
予定申告書の(8)及び確定・修正申告書等の(22)は必ず記入してください。

  • 予定申告の場合、法人税の中間申告書の提出を要しない法人は必要ありません。
  • 所在地、法人名、資本金、事業年度等に変更があった場合には、「変更・異動届」をご提出ください。
  • 欠損で法人税額が算出されない場合でも、均等割は申告納付してください。
  • 税務署から更正の通知がありましたら、必ず修正申告納付をしてください。また、減額の場合は更正の請求書により還付請求をしてください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:行政経営部税務課市民税係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1058~1061)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?