• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 飯塚市消防団~みんなで飯塚市の安全・安心を守ろう!!~

ここから本文です。

更新日:2017年8月14日

飯塚市消防団~みんなで飯塚市の安全・安心を守ろう!!~

 消防団について

「消防団」という言葉を知っている方、全く知らない方など様々いらっしゃるかと思いますので、ここで簡単に消防団についてご紹介いたします。

消防本部・消防署と消防団の違いは?

消防団は、消防本部・消防署と同じ消防機関になります。ただし、消防本部・消防署には専門の消防職員が勤務しており、常備の消防機関となっております。これに対して消防団は、普段は様々な仕事で働いている住民が、火災・風水害などの災害が発生した際に、消防防災活動を行う非常備の消防機関になります。

働きながら消防団になれるの?

働きながらでも、消防団に入団できます。消防団員は、通常、各自の仕事(サラリーマン、商店街の電気屋さん、農家、クリーニング屋さんなど)に就いてますが、有事の際には、消防団員として、いち早く現場に駆けつけ、活動を行っています。

飯塚市消防団について

飯塚市消防団は、平成18年3月の合併に伴い、近隣1市4町(飯塚市・嘉穂郡穂波町・同筑穂町・同庄内町・同頴田町)が合併し、新しく誕生しました。また、平成22年4月には女性分隊(平成27年4月より女性分団に改編)が発足しました。

現在は、方面隊によって各地区を分けており、多くの団員の方が活躍しています。

消防団組織図(PDF:50KB)

飯塚市消防団の活動について

飯塚市消防団では、いつ発生するか分からない災害に備えるため、平常時より様々な訓練や活動をとおして、団員の技術向上や団の連携を図っています。

消防出初式(1月)

新年を迎えるにあたって、消防団員の団結強化及び士気高揚並びに地域住民の警火心の高揚を図るため出初式を行います。飯塚市消防団出初式終了後は、飯塚市・嘉麻市・桂川町連合出初式を行い、分列行進や祝賀放水などを披露します。

飯塚市消防団全体訓練(5月)

消防団員の災害活動能力向上のため、消防団全分団にて訓練を行います。

訓練内容は、ポンプ車での放水中継訓練、土のう作成、水防工法(月の輪工法、シート張り工法など)など、様々な災害を想定し、訓練に励んでいます。

飯塚市総合防災訓練(8月:隔年実施)

飯塚市内において大規模災害が発生したと想定のもと、各関係機関及び地域住民が一体となって防災訓練を実施し、災害時での連絡体制の強化や市民に対する防災思想の普及啓発を目的に取り組んでいます。消防団では、水防訓練や非難誘導訓練を中心に防災訓練に取り組んでいます。

 

いいづか防災フェア(8月)

飯塚市民及び近隣住民の防災・河川に関する意識の向上を図るため、多くの方に防災体験イベントに参加してもらい、自助・共助・公助を学ぶことを目的としています。消防団では、放水体験や消火器体験を行っています。

飯塚地区消防連絡協議会総合防災訓練(8月:隔年実施)

飯塚市・嘉麻市・桂川町及び飯塚地区消防本部が災害に対処するため、消防隊の総力を結集し、迅速かつ適切な防災活動が展開できるよう警防技術の向上を図り、併せて防災関係機関との連絡協調体制の確立を目的に取り組んでいます。

福岡県消防操法大会(9月)

消防技術の向上と士気の高揚を図り、消防活動の充実に寄与することを目的に、各方面隊の代表選手が参加し、ポンプ操法の技術を競います。また、平成25年度からは女性消防操法大会も開始され、男女ともに盛り上がりを見せています。

夜警活動(11月・12月・3月)

秋季(11月)、年末(12月)、春季(3月)と年に3回、分団ごとに地域の夜間警戒活動を実施し、火災の予防啓発に努めています。

地域とつながりが深い消防団ならではの、重要な活動です。

飯塚市消防団総合礼式訓練(12月)

消防団として行動を取る際の礼式は非常に大事であり、基本となる動きになります。新入団員から団長まで、消防署から指導をしていただき、基礎となる動きを訓練しています。

飯塚市消防団女性分団について

飯塚市消防団では、女性団員だけで構成する女性分団においても訓練の実施、自主防災組織の設立支援や各種イベントへの参加など、年々活躍の幅を広げています。ここではその様子をご紹介します。

 

(消防広報自動車寄贈式)

(飯塚市消防団全体訓練:AED使用訓練)

(自主防災組織設立支援:図上訓練)

 

消防団員の処遇について

消防団では、以下のような報酬や補償があります。

消防団員報酬・費用弁償

各階級に応じて年額報酬が支給されるとともに、災害や訓練に出動した場合に、費用弁償が支給されます。

公務災害補償

消防団活動により死亡したり、病気やケガをした場合等には、公務災害補償制度に基づいて補償を受けることができます。

福祉共済制度

福祉共済加入者への健康増進や公務による事故などに対する福利厚生の充実を図っています。

退職報償金

5年以上消防団員として活動し退団する場合、階級及び勤続年数に応じて退職報償金を支給します。

消防団への入団について

現在、飯塚市消防団では、飯塚市の安全・安心なまちづくりのため一緒に消防団活動に励んでいただける方を募集しております!!

飯塚市在住又は、飯塚市内で勤務している方で、18歳以上の健康な方であれば入団することができます。

消防団募集(PDF:223KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部防災安全課消防安全係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1332~1334)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?