ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

ここから本文です。

更新日:2022年11月15日

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

目次

お知らせ

【重要】申請受付は終了しました。

令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金【申請受付は終了しました】

令和4年4月26日の国の新たな政策(コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」)の中で、「家計急変により受給資格があるにもかかわらず、申請がないことにより受給できてない世帯」に、令和4年度の課税情報を活用した給付を行うことが決定しました。

なお、この給付金はすでに令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を受給された世帯については、再度支給されるものではありません。

令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の申請はお済みでしょうか?【申請受付は終了しました】

令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給要件確認書の返送期限は、令和4年5月31日(郵送必着)までとなっております。

申請書にての申請を令和4年9月30日(郵送必着)まで受け付けております。

申請を希望される方は下記の飯塚市臨時特別給付金対策室コールセンターまでご連絡ください。

臨時特別給付金の概要【申請受付は終了しました】 

型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、さまざまな困難に直面した方々に、速やかに生活・暮らしの支援を行うため、令和4年度飯塚市住民税非課税世帯等臨時特別給付事業実施要綱に基づき、住民税非課税世帯等に対し、1世帯当たり10万円の現金を給付します。

給付対象世帯【申請受付は終了しました】 

1.令和4年度住民税非課税世帯

和4年6月1日時点で飯塚市に住民登録があり、かつ世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯。

2.家計急変世帯

型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和4年1月から令和4年9月までの間で家計が急変し、世帯全員のそれぞれの1年間の収入見込額(令和4年1月以降、令和4年9月までの任意の1か月の収入額を12倍した額)が、住民税非課税水準に相当する額以下となる世帯。
(注1)ただし、1および2ともに世帯全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている(地方税法の規定による青色事業専従者および事業専従者を含む)場合は対象外となります。
(注2)令和4年度分の住民税は、令和3年1月から同年12月までの所得に対して課税されます。

 

「住民税均等割非課税相当水準以下」の判定方法

【非課税相当収入(所得)限度額の目安】

扶養している親族の状況 収入限度額 所得限度額
単身または扶養親族がいない場合 96.5万円 41.5万円
配偶者、扶養親族(1名)を扶養している場合 146.9万円 91.9万円
配偶者、扶養親族(計2名)を扶養している場合 187.7万円 123.4万円
配偶者、扶養親族(計3名)を扶養している場合 232.7万円 154.9万円
配偶者、扶養親族(計4名)を扶養している場合 277.7万円 186.4万円
障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合 204.3万円 135.0万円

 

給付額【申請受付は終了しました】 

1世帯当たり10万円
(注3)1世帯1回限り。また、非課税世帯に対する給付金と家計急変世帯に対する給付金の重複受給はできません。
(注4)本給付金は、非課税所得となります。

申請期限【申請受付は終了しました】 

1.令和4年度住民税非課税世帯

令和4年10月31日(郵送必着)【申請受付は終了しました】

(注)令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給要件確認書の返送期限は令和4年5月31日(郵送必着)です。まだお手元に確認書をお持ちの方は、申請書にての申請を令和4年9月30日(郵送必着)まで受け付けております。

2.家計急変世帯

令和4年10月31日(窓口申請17時まで)【申請受付は終了しました】

申請方法【申請受付は終了しました】

1.令和4年度住民税非課税世帯【申請受付は終了しました】 

付対象となる可能性がある世帯に、案内を送付します。同封されている「支給要件確認書」をご確認いただき、「支給要件確認書」に記載された要件を満たし、給付金の受給を希望される方は、必要事項を記入のうえ令和4年10月31日(郵送必着)までに返送してください。

提出書類(非課税世帯)

給付金の振込口座 提出必要書類

確認書に記載されている振込口座

お送りした確認書のみ
(記載例を参考に記入してください)

確認書に記載されている振込口座以外の口座に振込を希望する場合

お送りした確認書に加えて次の2つの確認書類(裏面に貼付)を返送してください。

確認書類(1、2どちらも必要です)

  1. 「金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)」がわかる通帳またはキャッシュカードの写し
  2. 口座名義人の氏名、住所がわかる本人確認書類の写し(例1)のうちいずれか1点
確認書に記載されている振込口座の欄が空白の場合

(例1)運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポートなど

代理申請について(非課税世帯) 

受給対象者の方が、成年被後見人であり、成年後見人が代理申請を行う場合

記の提出書類のほか、代理人であることを証明する書類が必要です。
年後見登記制度に基づく登記事項証明書の写しにより成年後見人と確認できる場合は、登記事項証明書の写しを貼付の上、裏面代理人欄に記入し、提出してください。

受給対象者の方が、被保佐人・被補助人であり、保佐人・補助人が代理申請を行う場合

記の提出書類のほか、代理人であることを証明する書類が必要です。
年後見登記制度に基づく登記事項証明書の写しおよび代理人目録の写しを貼付の上、裏面代理人欄に記入し、提出してください。

注意事項(非課税世帯) 

  1. 給付金(非課税世帯分)の支給要件を満たす方で、給付金(非課税世帯分)の受給を希望しない方は、支給要件確認書を返送しないようお願いします。
  2. 住民税の申告がお済みでない方で、課税相当の収入がある方が世帯の中にいらっしゃる場合は、対象外となります。その場合、支給要件確認書を返送しないようお願いします。
  3. 世帯全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている(地方税法の規定による青色事業専従者および事業専従者を含む)場合は対象外となります。その場合、支給要件確認書は返送しないようお願いします。
  4. 給付金の支給後、支給要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。また、意図的に虚偽の確認をした場合は不正受給として詐欺罪に問われる場合があります。
  5. 住民税均等割非課税を理由に給付金が支給された後に、修正申告により令和4年度住民税が課税されるようになった場合は、給付金を返還していただく必要があります。
  6. 本給付金の世帯は、基準日(令和4年6月1日)時点の世帯になります。したがって、基準日の翌日以降に、同一住所において別世帯とする世帯分離の届出があった場合も、同一世帯とみなされ、世帯分離前の世帯主のみが支給対象となります。

修正申告等により令和4年度分住民税が課税から均等割非課税になった場合

準日(令和4年6月1日)以降の修正申告により、令和4年度分住民税が課税から均等割非課税となった場合は、確認書をお送りしていないため、別途お申し出が必要となります。お手数ですが、飯塚市臨時特別給付金対策室コールセンターにご連絡ください。【申請受付は終了しました】

2.家計急変世帯【申請受付は終了しました】 

象となる世帯は、申請時点で住民登録のある市区町村へ申請が必要になります。世帯全員のそれぞれの1年間の収入見込額(令和4年1月から令和4年9月までの任意の1か月の収入を12倍した額)が非課税相当になる世帯が対象です。
和4年6月1日(水曜日)から令和4年10月31日(月曜日)まで受付をしています。
計急変世帯に対する給付金の詳細につきましては、飯塚市臨時特別給付金対策室コールセンターへお問合せください。

  • 受付時間:9時~17時(平日のみ)

(注5)申請書類等の不備による、振込の遅れを防ぐために、原則、郵送での受付は行っていません。令和4年10月31日(月曜日)までに窓口での申請をお願いします。【申請受付は終了しました】

提出書類(家計急変世帯)

住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書) 申請書・記入例、記入要領
(様式については、お電話にてお問い合わせください)
簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変者】 申立書・記入例、記入要領
(様式については、お電話にてお問い合わせください)
申請・請求者(世帯主)の本人確認書類の写し 運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、年金手帳、介護保険証、パスポート等
振込口座を確認できる書類の写し 「金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)」が分かる通帳またはキャッシュカードの写し
「簡易な収入(所得)見込額の申立書」に記載した、任意の1か月の収入状況を確認できる書類 任意の1か月の収入(申立書に記載した月の給与明細)

 

特別な配慮を要する方への対応【申請受付は終了しました】 

DV等で住所地以外に避難中の方

偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方で、現在お住まいの住所に住民票を移すことができない方でも、住民票上の世帯とは別世帯とみなし、以下の1から4までの要件と収入要件を満たせば住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を受給できる可能性があります。【申請受付は終了しました】

  1. 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律に基づく保護命令が出されている方
  2. 婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、行政機関などと連携してDV被害者支援を行っている民間支援団体等による証明書が発行されている方
  3. 令和4年6月2日以降に住民票を居住市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっている方
  4. 1から3に掲げる場合のほか、申出者と住民票上の世帯との間に生活の一体性がないと認められる方

付金を受給するためには、現在お住まいの市区町村での手続きが必要です。飯塚市にお住まいの方は、飯塚市臨時特別給付金対策室コールセンターにご相談ください。【申請受付は終了しました】

里親等に委託されている方や児童養護施設に入所している方

親と児童(里子)が同居している場合、当該児童の所得が住民税非課税であれば、里親自身の世帯とは別に、給付の対象となります。
た、措置入所等児童についても、独立した生計を営むものとみなし、入所施設に住民票を移していない場合でも、非課税である児童は、保護者世帯とは別に、住民税非課税世帯に対する給付金が受給できます。
付金を受給するためには、現在お住まいの市区町村での手続きが必要です。飯塚市にお住まいの方は飯塚市臨時特別給付金対策室コールセンターにご相談ください。【申請受付は終了しました】

お問合せ先

飯塚市臨時特別給付金対策室コールセンター(申請方法等について)

  • 電話番号(フリーダイヤル):0800-200-8633
  • 受付時間:9時~17時(平日のみ)

(注)申請受付は終了しました

内閣府コールセンター(制度の概要について)

  • 電話番号(フリーダイヤル):0120-526-145
  • 受付時間:9時~18時(土日祝を含む)

閣府ホームページ(外部サイトへリンク)

詐欺にご注意ください

付金に関する"振り込め詐欺"や"個人情報の詐取"にご注意ください。
請内容に不明な点があった場合、問合せを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作を求めることや、支給のために手数料などの振込を求めることは絶対にありません。不審な電話がかかってきた場合は、飯塚市臨時特別給付金対策室コールセンターや最寄りの警察署、警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:福祉部臨時特別給付金対策室 

飯塚市新立岩5番5号

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE