• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > マイナンバー制度 > 通知カードの廃止について

ここから本文です。

更新日:2020年5月24日

通知カードの廃止について

通知カードは、法律の改正により令和2年5月25日(月曜日)に廃止となりました。

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。通知カードの券面には、氏名、住所、生年月日、性別とマイナンバーが記載されています。

通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用するためには、通知カードの記載事項(氏名、住所等)が住民票と一致している必要があります。一致していないとマイナンバーを証明する書類として使用できませんので、ご注意ください。

(通知カードイメージ)

tuutikado

お子様が生まれた方や再発行の手続きをされて通知カードを受け取られていない場合

住所変更や不在などの理由により、マイナンバーの通知を受け取る事ができなかった方は、本庁市民課まで電話でお問い合わせください。返戻された通知カードが市で保管されている場合は、本庁市民課で次の必要書類を持参のうえお受け取りください。

(必要書類)

  • 本人確認書類(運転免許証など)

※世帯が異なる方が代理で受け取る場合は、上記の書類に加えて代理人の本人確認書類(運転免許証など)、代理人の代理権を証明する書類(委任状など)(委任状(ワード:45KB))も持参してください。

通知カードの廃止後のマイナンバーを証明する書類

  • マイナンバーカード

マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付きのカードです。初回交付の場合は、無料で作成することができます。通知カードをお持ちでない方も、申請者の方が本人確認書類(原本)をご持参いただければ、市役所市民課や支所の市民窓口課で申請手続きができます。

【マイナンバーカード申請時に必要なもの】

本人確認書類(Aのうち1点、またはBのうち2点)

A:運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)など

B:健康保険証、介護保険証、年金手帳、子ども医療証、母子手帳など

 

  • マイナンバー(個人番号)の記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」

請求できる方:本人及び同一世帯人

取扱窓口:市役所市民課及び各支所市民窓口課

 

※任意代理人による請求の場合は本人の住所に送付。委任状が必要。

※世帯が異なる方が代理で手続きを行う場合は、代理人の本人確認書類(運転免許証など)、代理人の代理権を証明する書類(委任状など)(委任状(ワード:45KB))を持参してください。

 

  • 住民票の記載(氏名、住所等)と一致している通知カード

通知カードの記載事項(氏名、住所等)が住民票と一致している場合に限り、令和2年5月25日以降も引き続き、マイナンバーを証明する書類としてお使いいただけます。

 

新たにマイナンバーが付番される方への通知方法について

新生児等、新たにマイナンバーが付番される方には、「個人番号通知書」が郵送されます。

「個人番号通知書」には、マイナンバー、氏名、生年月日、個人番号通知書の発行日等が記載されています。

(注1)既に通知カードをお持ちの方には、「個人番号通知書」は発行されません。

(注2)「個人番号通知書」の再発行はできません。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報政策課電算管理係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1671~1672)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?