ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 住民票、マイナンバーカード等への旧氏(旧姓)の併記について

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

住民票、マイナンバーカード等への旧氏(旧姓)の併記について

令和元年11月5日(火曜日)より、本人からの請求により住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカード、通知カード、署名用電子証明書へ旧氏を併記できるようになります。

 

旧氏併記制度の詳細については下記の総務省のホームページをご覧ください。

住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(外部サイトへリンク)

旧氏とは

「旧氏(旧姓)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

請求手続・必要書類

旧氏併記の請求手続は「本庁市民課」又は「各支所市民窓口課」の窓口で行うことができます。住民票等に記載できる旧氏は1人に1つだけです。

請求手続に必要なものは下記のとおりです。

  • 記載を希望する旧氏が記載されている戸籍謄本等から、現在の氏が記載されている戸籍に至る全ての戸籍謄本等(受理証明書は不可
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
  • マイナンバーカードまたは通知カード(住民基本台帳カードには旧氏は記載できません)
  • 代理人が請求手続きを行う場合は委任状等(住民票で同一世帯の方が代理で手続きをする場合は不要)

※提出いただいた戸籍謄本等は原本還付できません。ご注意ください。

※戸籍謄本等は必ず必要になりますので、氏が変更になる戸籍届出(婚姻届等)と同時に請求手続きはできません。

マイナンバーカード・通知カード・署名用電子証明書

旧氏が併記されると、マイナンバーカード・通知カード・署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。旧氏を非表示とすることはできません。

住民基本台帳カードには旧氏を記載することはできません。

住民票の写し・印鑑登録証明書

旧氏が併記されると、住民票の写し(住民票記載事項証明書含む)・印鑑登録証明書にも旧氏が併記されます。

また、旧氏の印影の印鑑登録もできるようになります。

旧氏は氏名と併せて公証されているものであることから、旧氏または現在の氏の一方のみを表示させる証明書は発行できません

旧氏の印影で印鑑登録する場合、旧氏の印影の印鑑登録証明書でも契約等が可能かどうか必ず事前に提出先にご確認ください。

その他

  • 外国人住民の方は旧氏の記載請求をすることができません。通称名についても旧氏の記載請求はできません。
  • 記載請求できる旧氏は、「初めて旧氏を記載する」場合や「旧氏を変更する」場合等で異なります。詳しくはお手続き前に、下記お問い合わせ先にお問合せください。
  • 旧氏を住民票に記載した方が住民異動した場合、旧氏は引き継がれます。飯塚市外へ転出される場合、転出証明書に旧氏が記載されます。
  • その他詳しくはお手続き前に、下記お問い合わせ先に必ずお問合せください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:市民環境部市民課窓口係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1013~1015)

ファックス番号:0948-26-1384

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?