ホーム > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 各種手帳 > 精神障がい者保健福祉手帳

ここから本文です。

更新日:2022年2月18日

精神障がい者保健福祉手帳

1査について

精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けるためには、精神保健福祉センターでの審査が必要となります。精神障がいに関する診断書または精神障がいにより受給している年金証書等による申請ができます。

2続き

精神障がい者保健福祉手帳の申請手続きは、まず、社会・障がい者福祉課あるいは各支所の市民窓口課で「申請書」と、診断書により申請する場合は「診断書」の用紙を受け取ってください。

3師の診断による申請の場合

申請を医師の診断書によって行うときは、医師の診断を受け、精神障がい者保健福祉手帳に該当すると診断されたときは、「診断書」を記入してもらってください。

4神障がい者保健福祉手帳申請・発行

申請方法により必要な書類が変わります。

ア.診断書による申請

  • 写真(※1)、印かん、申請書、申請者のマイナンバーを確認できる通知カードまたは個人番号カード(※2)
  • 精神障がいに係る初診日から6ヶ月を経過した日以後に作成され、作成日が申請日から3ヶ月以内の診断書

イ.年金証書等による申請

  • 写真(※1)、印かん、申請書、申請者のマイナンバーを確認できる通知カードまたは個人番号カード(※2)
  • 精神障がいを支給事由とした「障がい年金」もしくは「特別障がい給付金」を現に受給していることを証する年金証書等
  • 年金事務所等へ障がい種別、障がい等級等を照会することに関する同意書

社会・障がい者福祉課あるいは各支所の市民窓口課で申請してください。

審査の結果、手帳の交付が決定されると、後日、社会・障がい者福祉課あるいは各支所の市民窓口課を通じて手帳が本人に交付されます。手帳が社会・障がい者福祉課あるいは各支所の市民窓口課に到着しましたら連絡があります。申請から発行までには、約1ヶ月から2ヶ月ほどかかります。


(※1)手帳貼付用の写真は、たて4センチメートル、よこ3センチメートル、1年以内に撮影したもの、上半身を写したもので帽子やサングラス等を装着していないもの、サイズ内に他の人が写っていないものです。

(※2)申請者が18歳未満の場合は、申請者および保護者のマイナンバーを確認できる通知カードまたは個人番号カードが必要になります。

5効期限と更新申請

手帳の有効期限は、申請受理日から2年後の月末までで、更新を希望するときは、更新申請を行ってください。有効期限の3ヶ月前から更新申請を行うことができます。更新が認定された場合は、有効期限の翌日から2年後が新たな有効期限となります。

必要書類は、新規申請に必要なものに加えて、現在交付されている手帳の写しが必要です。更新は、提出いただいた書類に基づいて改めて等級の審査が行われます。

6式ダウンロード

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部社会・障がい者福祉課障がい者福祉係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1151・1152)

ファックス番号:0948-21-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE