• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 介護保険 > 令和元年度 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金の第2次補助協議の予告

ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

令和元年度 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金の第2次補助協議の予告

地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金の概要

高齢者施設等の防災・減災対策を推進するため行われる、スプリンクラーの整備、耐震化整備等のほか、非常用自家発電設備の整備、倒壊の危険性のあるブロック塀等の改修に対する交付金です。

既存高齢者施設等のスプリンクラー整備支援事業

高齢者施設等については、火災発生時に自力で避難できない方が多く入所しているため、消防法令の改正に伴い、新たにスプリンクラーの設置が必要となる施設に対して、その設置を促進する事業。

対象施設

軽費老人ホーム、有料老人ホーム、小規模多機能型居宅介護支援事業所、看護小規模多機能型居宅介護事業所等の宿泊を伴う事業。

定員のうち要介護3~5の入居者が半数以上を占める場合等、「避難が困難を要介護者を主として入居させるもの」に該当する施設

認知症高齢者グループホーム等防災改修等支援事業

高齢者施設等の利用者の安全・安心を確保するため、耐震化改修や施設の老朽化に伴う大規模修繕等を促進する事業。

高齢者施設等には、人工呼吸器・酸素療法・喀痰吸引等の機器が必要な者が入所しており、大規模停電等により、生命をおびやかす事態が想定されることから非常用自家発電設備の設置を促進する事業。

対象施設

  • 小規模特別養護老人ホーム、小規模介護老人保健施設、小規模ケアハウス、小規模介護医療院
  • 小規模養護老人ホーム、認知症高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護支援事業所等

高齢者施設等の安全対策強化事業

高齢者施設等の安全対策を強化するため、劣化、損傷や高さ、控え壁等に問題のあるブロック塀等の改修を促進する事業。

補強コンクリートブロック造の場合、内部点検が必要です。

対象施設

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、ケアハウス、養護老人ホーム、認知症高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所、老人デイサービスセンター等

資料

別表 先進的事業整備計画に基づく事業(2019年4月1日~2019年9月30日)(PDF:113KB)

社会福祉施設等のブロック塀等の安全点検のフロー(PDF:87KB)

社会福祉施設等のブロック塀の安全点検について(PDF:139KB)

スケジュール

  1. 7月上旬頃募集開始
  2. 7月上旬提出締め切り

注意事項

  • 補助金額・スケジュールに関しては、あくまでも予定となっていますので変更の可能性があります
  • 定員29人以下の地域密着型・小規模施設等の提出先は飯塚市です。
  • 定員30人以上の大規模施設等の提出先は都道府県(指定都市・中核市を含む)です。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部高齢介護課指導・給付係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1131~1134)

ファックス番号:0948-25-6214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?