• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 高齢者福祉 > フレイル予防事業

ここから本文です。

更新日:2019年10月7日

フレイル予防事業

フレイルとは「虚弱」を意味する英語「frailty」を語源とし、健康と要介護状態の間の心身ともに弱っている状態のことを指す言葉です。多くの人が健康な状態からフレイルの段階を経て、要介護状態になると考えられています。フレイル状態の段階にある高齢者であっても、日常生活の工夫に取り組むことでフレイルの進行を遅らせたり、健康な状態に戻ることができます。飯塚市では高齢者を対象にフレイル状態を確認するためのフレイルチェック、フレイルチェックとフレイル予防の講座を組み合わせたフレイル予防教室(各地域包括支援センターにて実施予定)、これらの事業を支援するフレイル予防サポーターの養成講座を開催します。

 

フレイルチェック

フレイル(虚弱)にならないように、早めに弱っている状態に気づき、生活を見直すきっかけづくりとするために、フレイルチェックを実施します。申し込みの詳細については広報いいづかをご覧ください。

対象:市民(65歳以上の方を優先)

 

会場 定員 日にち 時間
飯塚市役所本庁 25名程度 7月29日(月曜日) 10時~12時
菰田交流センター 20名程度 9月20日(金曜日) 14時~16時
幸袋交流センター 20名程度 10月3日(木曜日) 14時~16時
二瀬交流センター 20名程度 10月9日(水曜日) 9時30分~11時30分
筑穂保健福祉総合センター 25名程度 10月31日(木曜日) 14時~16時
穂波福祉総合センター 20名程度 11月22日(金曜日) 14時~16時
頴田交流センター 20名程度 11月25日(月曜日) 14時~16時
飯塚市役所本庁 25名程度 2月5日(水曜日) 14時~16時

 

ページの先頭へ戻る

フレイル予防サポーター養成講座

飯塚市フレイル予防サポーターは、飯塚市でのフレイル予防に関する活動を支援する市民サポーターです。活動としては、フレイルチェックの進行及び補助、飯塚市(地域包括支援センター)が実施するフレイル予防を目的とした教室の運営補助(会場準備・受付のお手伝いなど)があります。

サポーター活動を通してサポーター自身もフレイル予防に取り組んでいただくことも活動目的のひとつとしています。特別な経験や資格は必要ありません。

対象:フレイル予防事業に関心があり、講座受講後にサポーター活動に協力いただける飯塚市民

定員:20名程度

 

会場 日にち 時間
飯塚市役所本庁 7月30日(火曜日) 10時~15時(昼休憩あり)
飯塚市役所本庁 12月16日(月曜日) 10時~15時(昼休憩あり)

 

ページの先頭へ戻る

介護予防講演会~ひとりひとりのフレイル予防~

フレイルを予防するためには日頃からの取り組みがとても大切です。飯塚市では市民の皆様にフレイル予防を知っていただくために講演会を計画しています。講演会の詳細については決まり次第ホームページ・広報いいづかでお知らせいたします。

フレイル予防教室

飯塚市内地域包括支援センターごとにフレイル予防(介護予防)教室を開催します。

詳細はお住いの地区の地域包括支援センターまでお問合せください。

問い合わせ先:地域包括支援センター

2019年度SIBを活用したフレイル予防実証事業

飯塚市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)はフレイルチェック等を通じて市民の健康寿命の延伸や地域の一層の活性化に資するための実証事業の実施にあたり、連携協定を締結しました。この事業ではソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を活用し、民間資金を用いてフレイル予防の多面的な効果を実証し、成果指標を探ります。

ソーシャル・インパクト・ボンドとは、

民間資金を活用した官民連携による社会課題解決の手法の一つであり、民間の資金提供者から調達した資金を基に事業を実施し、事前に合意した成果が達成された場合、行政が成果に応じて資金提供者に費用を支払う仕組み

この事業では、フレイル予防事業のさらなる展開に向け「フレイル予防」の多面的な成果の可視化を目的に、SIBを活用した実証事業を行います。民間資金を用いて実験的にサービスを提供し、得られたデータをもとに、医療費削減の視点だけでなく、まちづくりの視点も含めた社会的インパクトを可視化できる成果指標の作成を目指します。

【協定締結式の様子:片峯市長とFDC石丸事務局長】

協定締結式の様子1

 

 

 

 

 

 

 

 

協定締結式の様子2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

協力団体と市民サポーター

協定締結式の様子3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレイル予防推進委員会開催報告

飯塚市でのフレイル予防を推進するための庁内組織連携を目的としたフレイル予防推進委員会を設置しました。

第1回のフレイル予防推進委員会は實藤和也委員長(福祉部長)の進行により下記の内容で開催され、まちづくりとしてのフレイル予防を市としてどのように取り組めるかの協議がなされました。

日時:令和元年7月5日金曜日13時30分~15時30分

場所:飯塚市役所6階教育委員会会議室

出席者:實藤委員長(福祉部長)石松委員(福祉部次長)小川委員(まちづくり推進課長)瀬尾委員(健幸・スポーツ課長)小西委員(高齢介護課長)原課長(生涯学習課長)手柴委員(医療保険課長)

代理出席:森委員(総合政策課長補佐)

事務局(高齢介護課)

次第

1.フレイル予防事業について

2.フレイル予防の庁内連携について

委員会の様子2

委員会の様子

 

 

 

 

 

 

 

フレイル予防啓発イベント

「介護予防してみんしゃい!」

健幸に長生きするために、フレイル予防をはじめてみませんか?

日時:10月8日(火曜日)10時~16時30分

場所:イオン穂波ショッピングセンターセントラルコート

フレイルに関するトークイベント、簡易フレイルチェック、運動・栄養・奥地の相談コーナー、血管年齢・体脂肪・脚筋力測定、フレイル予防に取り組む協賛企業の出展などがあります。

皆さまのお越しをお待ちしております!

イベント案内(PDF:903KB)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部高齢介護課高齢者支援係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1140~1144)

ファックス番号:0948-25-6214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?