ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > いいづか認知症読本「おばあちゃん、どうしたの?」

ここから本文です。

更新日:2019年11月7日

いいづか認知症読本「おばあちゃん、どうしたの?」

「いいづか認知症読本」は、当初、市内小中学校の児童生徒が認知症について正しく理解し、認知症をもつ身近な高齢者に対する思いやりの心を育むことを目的とした学習教材として作成し、令和元年度より、小中学校の授業において活用されております。

そのような本市の認知症に対する取り組みに賛同いただきました株式会社ゴールド・シー・ホールディングス様より、児童生徒だけではなく、広く市民の方に手に取って読んでいただけるように「認知症読本」として寄贈していただきました。

この「認知症読本」には、市内小中学校で教鞭をとる6名の教員が作成したオリジナルの読み物が、6編収められています。

ぜひ、ご家庭や地域で話題にしていただき、ご一読いただければ幸いです。

いいづか認知症読本「おばあちゃん、どうしたの?」(PDF:4,256KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部高齢介護課高齢者支援係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1140~1144)

ファックス番号:0948-25-6214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE