ホーム > 産業・ビジネス > 入札・契約 > 制度概要 > 電子入札システムの導入について(物品・役務等)(令和4年度)

ここから本文です。

更新日:2022年6月27日

電子入札システムの導入について(物品・役務等)(令和4年度)

飯塚市では、入札業務の競争性や透明性・正確性の向上・入札参加者の負担軽減および事務の効率化などを図るため、現在工事・コンサル等においてインターネットを利用して入札ができる電子入札システムを令和3年度より導入しています。

令和4年度においては、物品・役務等においても電子入札システムを導入し、令和5年度より運用していく予定です。

詳細については随時ホームページに掲載します。

飯塚市の電子入札システムは「ふくおか電子自治体運営協議会」で共同利用しているものであり、柳川市、久留米市及び篠栗町等で現在運用されている電子入札システムと同様のものとなります。

電子入札とは

電子入札は、従来の紙による入札情報の入手や、入開札までの一連の行為と制度的に同じことを手元のパソコンからインターネットを介して行います。これにより、場所や時間の制約を最小限として競争参加資格確認申請等から入札参加者への落札決定の通知までの業務が電子的に実現されます。
電子入札システムでは、暗号化技術および電子認証技術を用いインターネット利用における安全かつ公平な電子入札の効率的な実施を実現しています。

対象案件について

未定

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部契約課物品契約係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1403・1404)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE