• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 産業・働く > 入札・契約 > 制度概要 > お知らせ(平成30年4月)

ここから本文です。

更新日:2018年7月5日

お知らせ(平成30年4月)

 

災害復旧工事の発注方法について

災害復旧工事については、平成26年度から「災害復旧工事の選考において手持ち扱いとするが、通常の工事に対して、手持工事として扱わない。」としていましたが、近年件数が少ないことから、これを廃止します。なお、今後災害復旧工事が多く発生する場合は、工事件数を考慮の上、発注方法を決定するものとします。

建設工事における社会保険等未加入対策について

飯塚市では、次のとおり社会保険等(健康保険、厚生年金保険及び雇用保険)未加入対策として、平成29年度分の競争入札参加資格審査申請(いわゆる指名願)から、社会保険等に未加入の業者の申請を受け付けないこととしました。つきましては、平成30年度以降も同様ですので、社会保険等の未加入事業者で競争入札参加資格申請予定の事業者は、早めの加入手続きをしてください。

※建設業の社会保険等未加入対策について、詳しくは、下記参考の「建設業における社会保険加入対策について」(国土交通省)のホームページでご覧いただけますので、ご確認の上、ご理解を深めていただきますようお願いします。

社会保険等加入状況の確認方法

競争入札参加資格審査申請時に提出する『経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書』の「その他の審査項目(社会性等)」欄により確認します。

  1. 「雇用保険」「健康保険」「厚生年金保険」の加入の有無が全て「有」又は「適用除外」となっている場合は、要件を満たします。
  2. いずれかの保険の加入の有無が「無」となっている場合は、要件を満たしません。

総合評定通知書では「無」となっているが、その後社会保険等に加入した場合

加入したことを証明する次のいずれかの書類の写しを競争入札参加資格審査申請時に提出してください。

  1. 「雇用保険」の場合…「雇用保険料納入証明書」「労働保険概算・確定保険料申告書」の控え及び「保険料領収済通知書」
  2. 「健康保険」「厚生年金保険」の場合…「社会保険料納入証明書」「保険料納付領収証書」

参考

施工体制台帳の作成及び提出について

公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成12年法律第127号)が改正され、平成27年4月から、下請契約を締結した全ての建設業者に施工体制台帳の作成及び提出が義務付けられています。

下請契約を締結した建設業者は、施工体制台帳及び関係書類の作成及び提出に遺漏がないようお願いします。

専任の技術者の配置を必要とする工事について

専任の技術者(主任技術者又は監理技術者)の配置を必要とする工事のうち指名競争入札による案件の場合は、本市の入札参加資格審査申請における技術者名簿を確認し、専任での配置が可能な業者のみ選考しています。

本市の技術者名簿登載者以外に配置可能な技術者がいたとしても、本市で登録していなければ分からないため、選考していません。技術者の追加や削除等があった場合は、変更届の提出をしてください。

 

お知らせ

 


 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部契約課工事契約係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1401・1402)

ファックス番号:0948-21-2998

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?