• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 産業・働く > 入札・契約 > 制度概要 > 建設工事の入札における工事費内訳書の提出について

ここから本文です。

更新日:2017年12月20日

建設工事の入札における工事費内訳書の提出について

公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成12年法律第127号)が改正され、ダンピング受注の防止等のための措置として、建設業者は、公共工事の入札の際に、その金額にかかわらず、入札金額の内訳を提出することが義務付けられました。

飯塚市(企業局含む。)におきましても、入札公告又は指名通知を行う全ての建設工事の入札案件において、工事費内訳書の提出を求めておりますのでご確認ください。

なお、予定価格5,000万円以上(税込み)の入札案件については、上記の簡易様式ではなく、入札公告又は指名通知の際に指定する項目を含む様式で提出してください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部契約課工事契約係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1401・1402)

ファックス番号:0948-21-2998

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?