ホーム > 市政情報 > 広報 > まちの話題 > 2022年度のまちの話題 > 2022年11月の話題 > 災害時の初動をカードゲームでシミュレーション~災害対応運営ゲームSUG~

ここから本文です。

更新日:2022年11月9日

災害時の初動をカードゲームでシミュレーション~災害対応運営ゲームSUG~

11月8日、避難所運営ゲームHUG(ハグ)の開発者であるHUGのわ主宰の倉野康彦さんが飯塚市を訪れ、新ゲームの災害対応運営ゲームSUG(スグ)の体験会を行いました。

災害時に避難所運営等を行う交流センターなどの市職員のほか、自主防災組織の市民の方など18人が参加し、災害発生時に地域でどう動くのかという初動をカードゲームでシミュレーションしました。

最初は何をしてよいか分からずに戸惑っていた参加者も、ゲームに慣れたころには対応方法もわかり議論が白熱、ゲーム後半には皆で担当を分けるなど素早くゲームを進められるようになっていました。参加者からは、現状の把握や集計することの大切さが分かったなど様々な声があがりました。

子どもを探しに家を飛び出してしまったなど、リアルに近い事柄が様々発生

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報管理課情報発信係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(1674・1675)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE