ホーム > 市政情報 > 広報 > まちの話題 > 2022年度のまちの話題 > 2022年4月の話題 > 幸袋中学校でブロックチェーンの授業が行われました

ここから本文です。

更新日:2022年4月27日

幸袋中学校でブロックチェーンの授業が行われました

ブロックチェーン授業(1)

飯塚市が、先端成長産業の一つであるブロックチェーン技術を強く推進していることを知っていますか?
ブロックチェーンはインターネットに変わる新たな基盤技術として期待が高まる情報技術であり、ブロックチェーンエンジニアが全国でも数少ない中、飯塚市には企業の技術者や大学の研究者など日本をリードする人材が在籍しています。

ブロックチェーンを知り、飯塚市からの技術者を育成するために、キャリア教育の一貫として、4月25日(月曜日)、小中一貫校幸袋校の8年生(中学2年生)68人にブロックチェーンの授業が行われました。
授業を受けた生徒たちからは、「実際に仕事にしている人はいますか?」や、「どのくらい稼げますか?」など様々な質問が元気に飛び交いました。

※このたび行われた「ブロックチェーン授業」は下記リンクから視聴できます。

ブロックチェーン授業(2)

質問をする生徒たち

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報管理課情報発信係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(1674・1675)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE