ホーム > 市政情報 > 広報 > まちの話題 > まちの話題一覧 > 「炭鉱王の邸宅と調度品展」開催

ここから本文です。

更新日:2021年10月22日

「炭鉱王の邸宅と調度品展」開催

炭鉱王の邸宅と調度品展(1)

飯塚市歴史資料館は昭和56年11月に開館し、本年で開館40周年を迎えます。
また、旧伊藤伝右衛門邸は、昨年令和2年に国指定重要文化財に指定されました。
今回、上記二点を記念して、旧伊藤邸や伊藤家ゆかりの資料の展示がおこなわれます。

伊藤伝右衛門が趣味の一つとしてたしなんでいた、三味線の伴奏に合わせ物語を語って聞かせる「浄瑠璃」に使用した裃(かみしも)や見台、使用していたカバンなど25件が初公開となり、約40件が展示されています。

また、同時開催で「炭都の記憶展」も開催され、デジタルミュージアムで公開予定の古写真の実物等が展示されています。※デジタルミュージアムはページ下部のリンクへ

「炭鉱王の邸宅と調度品展」

期間:令和3年10月22日(金曜日)から12月7日(火曜日)まで(期間中無休)
時間:午前9時30分から午後5時00分まで(入館は午後4時30分まで)
場所:飯塚市歴史資料館(福岡県飯塚市柏の森959-1)
入館料:大人230円、高校生110円、小中学生50円(高校生以下土曜日無料)

炭鉱王の邸宅と調度品展(2)

炭鉱王の邸宅と調度品展(3)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報政策課情報発信係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(1674・1675)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE