ホーム > 市政情報 > 広報 > まちの話題 > まちの話題一覧 > 東京2020パラリンピック聖火フェスティバル採火式が開催されました

ここから本文です。

更新日:2021年8月12日

東京2020パラリンピック聖火フェスティバル採火式が開催されました

パラリンピック2020‗1

令和3年8月12日(木曜日)に飯塚市役所本庁舎入口で、東京2020パラリンピック聖火フェスティバル採火式が開催されました。

12名の参加者が摩擦で火をおこす舞ぎり式の火おこし器を使い、火を起こしました。
起こした火はランタンに格納され、県に集火されます。
また、47都道府県の各地で採火された炎は東京都で一つに集火され、パラリンピック聖火として、リレーの形で開催都市を巡ります。

今回起こした火は、「いいづか輝きの火」と命名し、8月13日(金曜日)まで飯塚市役所本庁舎総合案内に展示されます。

パラリンピック2020‗2

火を起こす様子

パラリンピック2020‗3

市役所に展示されたランタン

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報管理課情報発信係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(1674・1675)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE