ホーム > 市政情報 > 広報 > まちの話題 > 2021年度のまちの話題 > 2021年7月の話題 > 筑前茜染で染めたシルクの寄贈式が行われました

ここから本文です。

更新日:2021年7月16日

筑前茜染で染めたシルクの寄贈式が行われました

茜染寄贈式

飯塚市筑前茜染協議会から、Insect Resources Technology株式会社へ筑前茜染で染めたシルク3枚の寄贈が行われました。

Insect Resources Technology株式会社は国内にシルク産業を復活させる事業の一環として、日本とアラブ首長国連邦(UAE)の子どもたちが育てた蚕の繭を原料にしたシルクを使ってスカーフや国旗を作成し、東京オリンピックに参加するUAE選手団に活用いただこうというシルクプロジェクトを進めています。今回、飯塚市筑前茜染協議会はその趣旨に賛同し、日の丸を初めて染めたと言われる筑前茜染でシルクを染めあげました。

7月14日、飯塚市商工会筑穂支所で寄贈式が行われ、飯塚市筑前茜染協議会の森本会長からInsect Resources Technology株式会社の清水一延様に筑前茜染で染めたシルクが手渡されました。

染めたシルクは日の丸の国旗の作成に使われ、UAE選手団入場行進の際に活用される予定です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報管理課情報発信係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(1674・1675)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE