ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年7月22日

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関するお願いやお知らせなど、下記のとおりご案内いたします。

ご案内

 

 

市内公共施設の運用状況について

 

市内小中学校、保育所(園)・認定こども園について

 

市からのお願い

市からのお知らせ

日本語(にほんご)を母語(ぼご)としない方(かた)へ

よくあるお問合せ

市からのお願い

目次

市からのお知らせ

目次

ページの先頭へ戻る

 新型コロナウイルス感染症の影響による休日相談窓口について(6月1日更新)

休日の相談窓口は終了しました平日のご利用をお願いいたします。

新型コロナウイルス総合電話窓口でのよくあるお問合わせ(4月23日時点)

市民の方から

Q1:テレビで報道されている10万円の補助金(特別定額給付金(仮称))はいつからもらえるのか?

A1:国の補正予算成立後(4月下旬予定)に明確になりますので、わかり次第詳細についてはホームページ等でお知らせします。

Q2:PCR検査はどこの医療機関でうけられるか?

A2:PCR検査については県の保健所(嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所)が検査の必要があると認めた方に検査のできる病院の紹介をすることとなっております。(市では把握しておりません)

Q3:新型コロナウイルス感染症の影響により収入減が生じ、当面の生活資金に困っているがどうしたらよいか?

A3:生活資金の貸付支援制度がありますので下記にご相談ください。

  • 緊急に資金が必要な場合→飯塚市社会福祉協議会(0948-23-2210)
  • 日常生活の維持が困難であり資金が必要な場合→生活自立支援相談室(0948-30-2610)

Q4:風邪の症状(発熱、咳、鼻水など)があるが医療機関を受診してよいか?

A4:医療機関を受診する場合は、かかりつけ医もしくは受診しようとする医療機関にあらかじめ電話で相談のうえ受診してください。

下記の症状のある方は保健所(嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所(0948-21-4972))に相談してください。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

高齢者、基礎疾患等のある方及び妊婦は、上記の症状が2日以上続く場合。

事業者の方から

Q1:テレビで報道されている法人200万円、個人事業主100万円の補助金(持続化給付金)はいつからもらえるのか?

A1:国の補正予算成立後(4月下旬予定)に明確になりますので、わかり次第詳細についてはホームページ等でお知らせします。

Q2:新型コロナウイルス感染症の影響で売上が落ち、事業費が工面できない。何か融資などは受けられないか?

A2:セーフティネット保証4号・5号・危機関連保証の認定を受けることで、福岡県の実施する緊急経済対策資金や政策金融公庫の実施している融資等、安い金利・保証料の融資を受けることができます。認定の条件は以下のとおりです。

  • SN4号:直近1ヶ月の実績+その後2ヶ月分の見込みが前年比で20%以上減少
  • 危機関連保証:直近1ヶ月の実績+その後2ヶ月分の見込みが前年比で15%以上減少
  • SN5号:最近3ヶ月の売上が前年同月比で5%以上減少(指定業種に限る)

詳細は飯塚市商工観光課(0948-22-5500(内線1463))へお問合せください。
※従業員へ休業手当を支給する場合、「雇用調整助成金」が適応される可能性があります。

詳細は福岡助成金センター(092-411-4701)、北九州雇用調整助成臨時窓口(093-616-0860)へお問合せください。

また、新型コロナウイルス感染症による小学校等の臨時休業に対応する保護者支援等については相談コールセンター(0120-60-3999)へお問い合わせください。

Q3:緊急事態宣言で休業要請が出ているが、開業してもいいのか?

A3:今回の福岡県の休業要請では、開業していることに対する罰則はありませんが、事業者の皆さまにできる限りのご協力をお願いしております。

 

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)について

新型コロナウイルスに関連した感染症が、中国だけでなく日本でも確認されています。咳エチケットやマスクの着用、手洗いなどを徹底し、ウイルスの感染を防ぎましょう。

各相談窓口のご案内

 

対象の方

相談窓口

電話番号

(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

*高齢者、基礎疾患等のある方及び妊婦は、上記の状態が2日程度続く場合

「帰国者・接触者相談センター」および「帰国者・接触者外来」(いずれも嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所内。その他の保健所は福岡県ホームページ(外部サイトへリンク)にてご確認ください)

(平日8時30分から17時まで)

0948-21-4972

(夜間休日)

092-471-0264

上記(1)、(2)以外の方 福岡県庁がん感染症疾病対策課感染症対策係

(平日8時30分から17時まで)

092-643-3288

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

(9時から21時まで)

0120-565653(フリーダイヤル)

 

 

(以下、首相官邸ホームページ「新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~」より一部抜粋)

新型コロナウイルス感染症とは?

過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。

コロナウイルスとは?

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるのは、SARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)で、それ以外は、感染しても通常は風邪などの重度でない症状にとどまります。

どうやって感染するの?

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出。別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染。

(主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所)

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえる。その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く。別の人がその物に触ってウイルスが手に付着。その手で口や鼻を触って粘膜から感染。

(主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど)

新型コロナウイルスに感染しないようにするために

過剰に心配することなく、「手洗い」や「マスクの着用」を含む「咳エチケット」などの通常の感染症対策が重要です。

手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

普段の健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

マスクの効果は?

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。
一方で、予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません。
咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

ほかの人にうつさないために

咳エチケット

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。

  • マスクを着用します。(マスクは、風邪や感染症の疑いのある方たちに使ってもらうことが何より重要です。予防用のマスクは買い占めせず必要な分だけ買うようにしましょう)
  • ティッシュなどで鼻と口を覆います。
  • とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。
  • 周囲の人からなるべく離れます。

関連情報(外部サイトへリンクしています)

 

ページの先頭へ戻る

飯塚市新型インフルエンザ等(新型コロナウイルス感染症)対策本部からのお知らせ

感染の段階に応じた対策について

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、以下のとおり対策を定めましたのでご理解とご協力をお願いいたします。

飯塚市在住の妊娠中の方にマスクを配布

対象者

飯塚市在住の妊娠中の人
※飯塚市に里帰りしている妊婦も対象となります。(里帰り先の住所を伺います。)

配布枚数

3枚入り1箱
※繰り返し使えるマスクで、1箱で約1カ月使えます。

配布期間

令和2年3月5日(木曜日)から配布開始
月曜日~金曜日(土日祝日を除く)8時30分~17時15分
※配布終了時期については国内の感染状況に応じて判断します。

配布場所

飯塚市役所医療保険課(新立岩5番5号)
穂波支所健幸・スポーツ課保健センター係(忠隈523番地)
筑穂支所市民窓口課(長尾1242番地1)
庄内支所市民窓口課(綱分802番地7)
頴田支所市民窓口課(鹿毛馬2333番地4)

持ってくるもの

母子(親子)健康手帳(必須)

その他

  • 母子(親子)健康手帳があれば、代理での受け取りもできます。
  • 配布は1人につき1回のみです。
  • 配布したことを把握するために母子(親子)健康手帳にシールを貼ります。(予め、ご了承ください)

お問い合わせ先

飯塚市健幸・スポーツ課保健センター係0948-24-4002

保育所、認定こども園、幼稚園内で新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について

利用児童や施設職員が新型コロナウイルス感染症に感染した場合、登園停止や臨時休園を行います

  • 新型コロナウイルス感染症に感染したお子さんについては、治癒するまでの間、登園停止となります。
  • お子さんや職員が新型コロナウイルスに感染した場合は、感染拡大防止のため、その保育所等は臨時休園します。休園期間は、感染したお子さん等が最後に登園した日の翌日から14日間となります
  • 家族など同居している方が新型コロナウイルス感染症に感染した等により、お子さんが濃厚接触者に特定された場合は、登園停止となりますので、保育所等へお伝えください。
  • 臨時休園の決定や期間は、急なご案内になることがあります。

保育所等を利用するお子さんや職員が新型コロナウイルス感染症に感染した場合の対応について(PDF:409KB)

新型コロナウイルス感染症の拡大に便乗した消費者トラブルにご注意ください

現在、他の地方自治体において、新型コロナウイルス感染症の拡大に便乗した消費者トラブルが発生しているとの報告が寄せられています。

飯塚市においても、今後、詐欺や悪質な便乗商法による被害の発生が懸念されます不審な電話がかかってきたり、不審な訪問販売だと思った場合には、冷静になって、その場で決めずに、ご家族や「飯塚市消費生活センター」「警察」にご相談ください。

新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン

給付金や助成金の給付に便乗したトラブルや悪質商法には注意が必要です!

国民生活センターでは、給付金に関する消費者トラブルについての相談を全国から受け付けています。

相談受付時間:10時~16時(土曜日、日曜日、祝日を含む)

電話番号:0120-213-188フリーダイヤル(通話料無料)

詳しくは給付金・豪雨関連消費者ホットライン(国民生活センターのサイトへリンク)をご覧ください。

※この窓口では、消費者の方からの相談を受け付けています。

※新型コロナウイルス給付金及び令和2年7月豪雨関連に関する相談以外はお受けできません。

※050から始まるIP電話からはつながりません。

新型コロナウイルスを口実にした消費者トラブル

不審な点がある場合や被害に遭った場合は、すぐに飯塚市消費生活センターや警察に相談してください。

飯塚市消費生活センター

住所:飯塚市吉原町6番1号あいタウン2階市民交流プラザ内

電話:0948-22-0857

詳細は飯塚市消費生活センターのページをご覧ください

関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する経営相談窓口の開設について

緊急事態宣言の発令に伴い、専門相談員による対面での相談ができなくなりましたので、新型コロナウイルス感染症に関する経営相談窓口の開設につきましては、中止となりました。

各種申請のご案内

市内企業・事業所の皆さまへ

新型コロナウィルス感染症に関する経済対策について(令和2年4月23日現在)

政府が取りまとめた新型コロナウィルス感染症に関する総合経済対策について、以下のURLからご確認ください。

経済対策

業種別支援策リーフレット(経済産業省)

主管省庁 経済対策の項目 URL
経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連 https://www.meti.go.jp/covid-19/(外部サイトへリンク)
中小企業庁 新型コロナウイルスに関連した感染症対策情報 https://www.chusho.meti.go.jp/corona/index.html(外部サイトへリンク)
厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

その他の対策

新型コロナウイルス感染症対策に伴い食品関連事業者から発生する未利用食品についてのフードバンクへの情報提供について

主管省庁 URL
農林水産省 https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/foodbank.html(外部サイトへリンク)

新型コロナウィルスに関する相談窓口について

中小企業、小規模事業者の皆様の経営等に関する相談窓口を下表のとおりご案内いたします。

No 区分 窓口名称

窓口機関名

所在地
1

経営全般

経営相談窓口

福岡県飯塚中小企業振興事務所

 

福岡県中小企業振興センター

福岡県飯塚市吉原町6-12
飯塚商工会議所ビル4階
TEL0948-22-3561

福岡県福岡市博多区吉塚本町9-15
福岡県中小企業振興センタービル6階
TEL092-622-5432

2 中小企業支援 相談窓口

飯塚商工会議所

 

飯塚市商工会

 

福岡県飯塚市吉原町6-12
飯塚商工会議所ビル1階
TEL0948-22-1007

福岡県飯塚市忠隈494
TEL0948-22-5382

3 労働全般 特別相談窓口(総合労働相談窓口コーナー) 福岡労働局
雇用環境・均等部指導課
福岡県福岡市博多区博多駅東2-11-1
福岡合同庁舎新館4階
TEL092-411-4764(直通)
4 金融全般 特別相談窓口 日本政策金融公庫
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅前3-21-12
TEL092-431-5296(中小企業事業)
TEL092-411-9111(国民生活事業)
5 海外ビジネス支援 相談窓口

福岡県商工部新事業支援課

福岡アジアビジネスセンター

福岡県福岡市博多区東公園7-7
福岡県庁7階
TEL092-643-3430

福岡市博多区博多駅前2丁目9-28
福岡商工会議所ビル8階
TEL092-710-6195

関連リンク

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?