ホーム > 都市環境 > 上水道 > 水道料金の改定について > Q8.必要な資金は経営努力で何とかすべきではないのでしょうか。これまで企業局として何か経営努力を行ってきたのですか。

ここから本文です。

更新日:2021年7月1日

Q8.必要な資金は経営努力で何とかすべきではないのでしょうか。これまで企業局として何か経営努力を行ってきたのですか。

合併前の旧飯塚市における平成13年の前回料金改定以来、職員の削減や施設の統廃合、業務の民間委託など、経費削減の努力を続け、約20年間料金の値上げをせず運営してまいりました。

Q8-2

しかしながら、人口減少により給水人口の減少が続き、節水機器の普及などもあいまって、今後も給水収益の低下は抑えられないものとなっています。一方で、水道施設の老朽化や耐震化に対応するため、今後も維持管理や施設更新等に多額の費用がかかり、経営努力だけでは対応できないと判断させていただきました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:企業局企業管理課

電話番号:0948-22-0380(内線2205)

ファックス番号:0948-29-8772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE