ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 飯塚市特定不妊治療費助成事業について

ここから本文です。

更新日:2021年7月27日

飯塚市特定不妊治療費助成事業について

飯塚市では、不妊治療の経済的負担の軽減を図るために医療保険が適用されない「体外受精」「顕微授精」に要した費用の一部を助成します。

 

本事業は福岡県が行う「福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成決定を受けた特定不妊治療への助成となっております。

福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

【お知らせ】

2021年度より令和3年1月1日以降に終了した治療から助成対象が拡大しました。

  • 福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた1回目から3回目までの特定不妊治療への助成対象の拡大。
  • 福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた事実婚の夫婦への対象拡大。

飯塚市特定不妊治療費助成事業についてのお知らせ(PDF:597KB)

 

治療期間の終了日によって助成内容が変わりますので下記よりご確認ください。

申請について(令和3年1月1日以降に治療を終了した方)

助成対象者

夫婦双方又は夫婦のいずれか一方が特定不妊治療を開始した日から引き続き飯塚市内に住民票があるもので次の要件すべてに該当する者

1.次の(ア)から(ウ)のいずれかに該当するものとする。

(ア)戸籍法の規定による届け出を行った夫婦であること

(イ)住民基本台帳法に規定する外国人住民については住民票の世帯主との続柄により婚姻関係が確認できる夫婦であること

(ウ)福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた事実婚の夫婦であること

2.福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業による助成決定を受けていること

3.世帯全員に市税(市民税、軽自動車税及び固定資産税をいう)及び国民健康保険税に滞納がないこと

1から3の要件にかかわらず、助成の対象者が同一の特定不妊治療に係る費用について他の市区町村から助成を受けている場合は、助成対象外となる。

助成対象治療

助成の対象となる特定不妊治療は次の要件すべてに該当するものとする。

  • 令和3年1月1日以降に治療を終えたものであること
  • 福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた1回目から3回目までの治療であること

助成の金額

福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業による1回目から3回目の助成金交付決定額を控除した
額について、10万円を上限に助成します。

交付の申請

福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた日から3か月以内に下記の書類を添えて保健センターに持参してください。


【必要書類】

  • 飯塚市特定不妊治療費助成申請書(様式第1号)(PDF:110KB)
  • 福岡県から発行される特定不妊治療費助成承認決定通知書の写し
  • 福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し(福岡県に提出する前にご自身で写しを保管してください。)
  • 福岡県指定医療機関発行の当該治療に係る領収書の写し
  • その他、市長が必要と認める書類

【該当する方のみ必要な書類】

  • 夫婦の一方が市外に居住する場合は、その者の世帯全員の住民票及び、戸籍全部事項証明
  • 福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた事実婚の夫婦の場合

助成金の請求

【必要書類】

(注意)虚偽・不正により助成金の交付を受けた場合は、助成金の返還が必要となります。

申請について(令和2年12月31日までに治療を終了した方)

助成対象者

特定不妊治療を希望する飯塚市内に住民票を有する夫又は妻で次の要件すべてに該当する者

1.戸籍法の規定による届け出を行った夫婦であること

2.福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業による助成決定を受けていること

3.世帯全員に市税(市民税、軽自動車税及び固定資産税をいう)及び国民健康保険税に滞納がないこと

1から3の要件にかかわらず、助成の対象者が同一の特定不妊治療に係る費用について他の市区町村から助成を受けている場合は、助成対象外となる。

助成対象治療

助成の対象となる特定不妊治療は次の要件すべてに該当するものとする。

  • 令和2年12月31日までに治療を終えたものであること
  • 福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた2回目または3回目の治療であること

助成の金額

福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業による2回目または3回目の助成金交付決定額を控除した
額について、15万円を上限に助成します。

交付の申請

福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定を受けた日から3か月以内に下記の書類を添えて保健センターに持参してください。


【必要書類】

  • 飯塚市特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)(PDF:107KB)
  • 福岡県特定不妊治療助成承認決定通知書の写し
  • 福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し(福岡県に提出する前にご自身で写しを保管してください。)
  • 福岡県指定医療機関発行の当該治療に係る領収書の写し
  • その他、市長が必要と認める書類

【該当する方のみ必要な書類】

  • 夫婦の一方が市外に居住する場合は、その者の世帯全員の住民票及び、戸籍全部事項証明

助成金の請求

【必要書類】

(注意)虚偽・不正により助成金の交付を受けた場合は、助成金の返還が必要となります。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民協働部健幸保健課母子保健係

〒820-8605 福岡県飯塚市忠隈523番地

電話番号:0948-24-4002

ファックス番号:0948-25-8994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE