ホーム > 産業・ビジネス > 情報提供依頼(RFI) > 飯塚市次期行財政改革プラン策定に関する情報提供依頼について

ここから本文です。

更新日:2022年8月12日

飯塚市次期行財政改革プラン策定に関する情報提供依頼について

本市では、平成25年7月に飯塚市第二次行財政改革大綱、令和元年3月に第二次行財政改革後期実施計画を策定し、効果的・効率的な行財政運営の確立に努めてまいりました。
しかしながら当該計画の策定当初は業務改善やデジタルトランスフォーメーションの推進が現在ほど重視されておらず、国におけるデジタル庁の創設など自治体を取り巻く状況は大きく様変わりしております。
また、現計画を実施していく中で実施状況を効率的に管理できていないことから、進捗管理に職員の負担が大きくなっている状況です。
上記大綱及び実施計画が令和5年度で終了することから、人口構造の変化を見据えた業務改善、デジタルトランスフォーメーション推進等を取り入れた戦略的な行政経営を実施していくために、次期行財政改革大綱及び行財政改革実施計画の策定を検討しています。
つきましては、お手数ですが、下記の前提条件に情報提供をお願いいたします。

情報提供依頼内容

飯塚市次期行財政改革プラン策定に関する情報提供依頼(PDF:159KB)

飯塚市次期行財政改革プラン策定見積書・質問書(エクセル:183KB)

募集期間

  • 令和4年9月2日(金曜日)17時まで(必着)

参考資料

飯塚市第二次行財政改革大綱(PDF:573KB)

第二次行財政改革後期実施計画(PDF:912KB)

情報の取り扱い

  1. 提出いただいた資料は、返却しません。
  2. 提出いただいた資料は、本市が仕様書案等を検討するにあたって、本市内部での情報共有の手段として複写又は供覧することを前提としますが、本市と守秘義務契約を締結する外部のコンサルタント等に当該資料を貸与することがあります。
  3. 情報提供に要する費用は貴社のご負担となりますので、ご了承ください。
  4. 本情報提供依頼は、「次期行財政改革プラン策定」の業務委託に関する実現性を確認するための技術や予算規模について、広く情報を得るための手段としたものであり、契約を前提としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。
  5. 資料の提供にあたって、既存の提案資料、パンフレット等をご活用いただいて構いません。また、上記依頼内容に記述する一部の内容の資料提供でも構いません。
  6. 今回の資料の提出は、貴社に対して、将来の入札等に応じる義務を負わせるものではありません。また、貴社は、将来の入札等において、今回の回答内容に拘束される必要はありません。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:行政経営部業務改善・DX推進課業務改善・DX推進担当

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1342・1343)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?