ここから本文です。

更新日:2022年8月8日

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書

接種証明書とは?

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)は、予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものです。
「パスポート情報等を記載した海外用及び日本国内用の接種証明書」と「パスポート情報等の記載の無い日本国内用の接種証明書」の2種類が、書面又は電子版で交付可能です。
なお、接種証明書のデジタル化開始以降も、渡航先への入国に当たり、これまでに取得された書面の接種証明書は引き続き有効です。ただし、一部の国においては二次元コードが必要な場合も考えられることから、海外渡航の際には渡航先政府のウェブサイトや外務省のウェブサイト(外部サイトへリンク)等を確認ください。

ご注意ください

  • ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の交付や活用により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • 接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省のウェブサイト(外部サイトへリンク)においてご確認ください。

接種証明書の申請と発行

対象

接種証明書は、予防接種法に基づく新型コロナワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方を対象に発行します。
したがって、国外等で接種を受けた方(予防接種法に基づかない接種を受けた方は発行の対象になりません。

電子(スマートフォン)で交付の場合

スマートフォン上の専用アプリでの申請となります。アプリのダウンロード方法や申請手順の詳細は以下をご確認ください。

【デジタル庁ウェブサイト:新型コロナワクチン接種証明書アプリ】
〔URL〕
https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert(外部サイトへリンク)

接種証明書をスマートフォンアプリで発行する方法(PDF:1,478KB)

(1)申請に必要なもの

海外用及び日本国内用 日本国内用
  • マイナンバーカード

(券面事項入力補助用番号4桁の入力あり)

  • 海外渡航時に有効なパスポート
  • マイナンバーカード

(券面事項入力補助用番号4桁の入力あり)

(注)接種証明書を取得した後に旅券番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。

(2)電子での申請・交付ができない例

  • ワクチン接種記録システムに接種記録が未登録となっている方
  • DV被害者等の要配慮者の方
  • パスポート以外の渡航文書を用いて「海外用及び日本国内用」の接種証明書を申請する方

書面で交付の場合

(1)申請方法

  • 窓口申請
  • 郵送申請

郵送の場合は、「返信用封筒(返信先住所等を記載し94円切手を貼ったもの)」も郵送してください。

(2)申請窓口および郵送先

飯塚市役所穂波支所健幸保健課新型コロナウイルス対策室

〒820-8605飯塚市忠隈523番地

電話番号:0948-22-0380

(注)接種を受けた時点で住民票のあった市町村が申請先となります。

(注)飯塚市以外の住民であった時に接種された方は、住民票があった市町村へお問い合わせください。

(3)申請に必要なもの

海外用及び日本国内用 日本国内用
  • 申請書(窓口にも準備しています)
  • 海外渡航時に有効なパスポート
  • 本人確認書類(免許証、健康保険証など)
  • 接種を証明する書類(お持ちの場合)
  • 申請書(窓口にも準備しています)
  • 本人確認書類(免許証、健康保険証など)
  • 接種を証明する書類(お持ちの場合)

(注)パスポート、本人確認書類、接種を証明する書類は写し(コピー)も可

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:111KB)

 

代理人が申請する場合、上記の必要な書類に加えて、委任状と代理人の本人確認書類が必要となります。

委任状(様式例)(PDF:911KB)

新型コロナワクチン予防接種証明書(コンビニ交付)について

令和4年7月26日からコンビニで取得できるようになります。

ポイント

  • 毎日午前6時30分から午後11時の間で取得可能
  • お近くのコンビニ等の端末で取得可能
  • マイナンバーカードがあればどなたでも取得可能

1.事前に準備いただく必要があるもの

  • マイナンバーカード
  • 接種証明書発行料(120円)

2.事前に確認いただく必要があること

コンビニ等で海外用の接種証明書を取得するためには、令和4年7月21日以降に、飯塚市健幸保健課窓口か、アプリで海外用の接種証明書を取得している必要があります。

以下の両方が接種証明書のコンビニ交付サービスに対応していることをご確認ください。

  • 申請先(接種時に住民票のあった)の市区町村
  • 行こうとしているコンビニ等の店舗

対応状況は、下記厚生労働省ホームぺージ「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)について」でご案内しています。

注意事項
  • 住民票の写しなどのコンビニ交付サービスと、利用可能な市区町村やコンビニ等の店舗が異なる可能性があります。

詳しくは、下記厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)について」において、参加市町村、利用できるコンビニエンスストア等店舗をご確認ください。

  • 印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。

コンビニ等の端末により、発行前にご自身で内容をご確認いただくことになりますので、適宜、接種時に交付された接種済証など接種事実が確認できる書類等をお持ちいただくと、内容の確認をスムーズに行うことができます。

※令和4年7月26日時点では、北海道等の一部地域のコンビニ等の店舗でのみ利用可能です。今後、拡大を予定しております。

接種証明書に関するQ&A

厚生労働省が、ワクチン接種証明書の対象や申請などについて、ご質問への回答をまとめております。

「新型コロナワクチン接種証明書に関するQ&A」(令和3年12月20日版)(PDF:438KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民協働部健幸保健課新型コロナウイルス対策室

〒820-8605 福岡県飯塚市忠隈523番地

電話番号:0948-22-0380(内線2151)

ファックス番号:0948-25-8994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

CLOSE