• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > まち・環境 > 交通 > 交通安全 > 高齢者による交通事故が多発しています

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

高齢者による交通事故が多発しています

マスコミ等でも大きく取り上げられていますが、全国的に高齢者による交通事故が多発しています。

交通事故を起さない、交通事故に遭わないためにも、以下の点に十分注意しましょう。

歩行者の方へ

安全な場所で横断しましょう

横断歩道以外の場所での横断は危険です。遠回りでも横断歩道や信号機のある交差点を利用しましょう。

安全な横断をしましょう

「止まって」「見て」「待って渡る」を実践しましょう。青信号でも、ご自身の歩行速度を考慮して、待つことも大切です。

また、駐車車両や走行車両の直前直後に道路を横断する、道路を斜めに横断する等の危険な横断は事故のもとです。絶対に止めましょう。

明るい色の服装や反射材を着用しましょう

歩行者から車は良く見えますが、車の運転手からは歩行者が見えているとは限りません。車の運転手に早く気づいてもらうため、夕暮れ時や夜間は、白色や黄色などの明るい色入りの服装や反射材を着用しましょう。

高齢ドライバーの方へ

ご自身の身体の変化に応じた安全運転をしましょう

1.十分な車間距離をとりましょう

十分な車間距離の目安は、前の自動車が任意の地点を通過してから3秒後に自分の自動車が通過する距離です。降雨や降雪時は、あらかじめ車間距離を長めにとりましょう。

2.道路や周囲の状況に応じた安全な速度で走行しましょう

速度が上がるほど視野が狭くなります。夜間や雨天時は視界が悪くなるので、速度を落とした運転が必要です。

3.見通しの悪い交差点では、徐行や必要に応じて一時停止しましょう

4.右左折する際は、他の車や歩行者等に注意しましょう

5.心のゆとりを持って安全運転に心がけましょう

また、運転免許試験場等においては、病気等により運転免許の取得や更新等に関して不安のある方、または、そのご家族の方からの相談受付窓口を開設しています。

詳細は、以下のリンクからご確認ください。

運転適正相談窓口(外部サイトへリンク)

運転免許証自主返納について

運転に不安を感じ、運転免許証を返納したいと考えている方は、運転免許取り消しの申請(自主返納)ができます。自主返納の手続きは、最寄りの警察署または運転免許試験場でできます。手続きの方法などの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

運転免許証自主返納の手続き(外部サイトへリンク)

また、飯塚市では、運転免許証を自主返納された方に対しての支援事業を行っています。手続きの方法などの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

運転免許証自主返納支援事業

参考情報

注意!高齢運転者による事故が増えています(外部サイトへリンク)

高齢者交通事故防止チラシ(PDF:557KB)

お問い合わせ先

交通事故をなくす福岡県県民運動本部(福岡県人づくり・県民生活部生活安全課内)

住所:福岡県福岡市博多区東公園7番7号

電話:092-643-3167

FAX:092-643-3169

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部防災安全課消防安全係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1332~1334)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?