• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 相談 > 飯塚消費生活センター > 「架空請求はがき」にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2015年12月15日

「架空請求はがき」にご注意ください!

飯塚市消費生活センターに「(下記のような)はがきが届いた」という相談が複数寄せられています。

このような通告書以外にも、公的機関を思わせる名称で「紛争問題確認書」「内容確認勧告通知」「消費契約取引訴訟最終通知書」等のようなタイトルではがきを送り、消費者が連絡すると、様々な名目で個人情報を集め、金銭を要求してきます。

 

架空請求はがきの例

請求書裁判最終通告書

 

対象者記号 ○-○○○○号

本通知書は当該企業より執り行われた訴訟手続きのご確認のために送らせて頂いております。また本通知書をもって当該企業より貴殿に対しての民事訴訟裁判が執り行われ必要措置手続きが開始された旨の最終確認通知と致します。

 

【内容の旨】

1.当該企業は原告に対し契約の不履行及び請求内容の不払いを申立てており貴殿の対応により財産の差押え執行を要求。

2.訴訟費用は被告の負担とする。

3.当該企業が受ける損失について財産の差押えを要求する。

4.本書の通知を持って最終通告とする。

上記事項が当該企業よりあなた様への要求内容となっておりますが当センターでは中立的立場により双方穏便な解決に向けた解決相談を受け付けております。

通知内容のご確認につきましては当センターにて相談させていただいております。また内容に関してのお問い合わせに関してはプライバシー保護のためご本人様のみのお受付けのみとなります。ご連絡がない場合に関しましては請求内容の判決の元執行官立会いにて財産の差押え等が執行されるおそれがありますので必ず異議がある場合に関してはご連絡のほどお願いいたします。

 

 

架空請求は、「訴訟」「差押え」などを書いて不安にさせ、本人に問い合わせの電話をかけさせるのが手口です。裁判の通知は、はがきでは来ません。

 

連絡すると、理由をつけて金銭を要求されたり、個人情報を知られたりすることがありますので、絶対に電話をしてはいけません。

はがきの内容に疑問や不安を感じたときは、「飯塚市消費生活センター(外部サイトへリンク)」にご相談ください。

被害にあわないためには
1.あわてない 2.絶対に連絡しない 3.はがきは「無視する。放置する」

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:市民協働部まちづくり推進課まちづくり推進係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1434~1436)

ファックス番号:0948-22-5526

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?