• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 保育所 > 飯塚市保育士生活資金貸付事業

ここから本文です。

更新日:2017年10月11日

飯塚市保育士生活資金貸付事業

保育士養成施設を卒業後、2年以内に飯塚市在住かつ市内の私立保育所等に常勤保育士として新規採用され、既に常勤保育士として勤務している方に対して、最大3年、月額20,000円(最大)を生活資金として貸し付けます。貸付決定から継続して5年間勤務すると、返還が全額免除されます。

貸付けの要件

生活資金の貸付けの対象となる者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

  1. 市内に住所を有する者
  2. 保育士養成施設を卒業後2年以内に市内の私立保育所等に常勤保育士として新規採用された者であって既に業務に従事している者
  3. 市内の私立保育所等において貸付決定の通知に定められた貸付開始月から起算して常勤保育士として業務に継続して5年間従事することを約する者
  4. 貸付けを受けようとする者に市税等の滞納がない者

貸付金額等

生活資金の貸付金額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるところによる。

  1. 採用後初めて業務に従事した日の属する年度(以下「勤務開始年度」という。)月額20,000円
  2. 勤務開始年度の翌年度月額15,000円
  3. 勤務開始年度の翌々年度月額10,000円
  4. 生活資金は、無利子で貸し付けるものとする。

貸付期間

生活資金の貸付期間は、3年以内とする。

貸付金の返還

生活資金の貸付けを受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該貸付けを受けた生活資金を返還しなければならない。

  1. 生活資金の貸付契約が解除されたとき。
  2. 市内の私立保育所等において常勤保育士として業務に従事した期間が貸付決定の通知に定められた貸付開始月から起算して5年に満たなかったとき。

返還の猶予

生活資金の貸付けを受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、貸し付けた生活資金の返還を猶予することができる。

  1. 貸付期間終了後、引き続き私立保育所等において常勤保育士として業務に従事したとき。
  2. 出産、育児のため就業規則等に基づき一時的に私立保育所等を休職するとき。
  3. 災害、疾病その他やむを得ない事由により返還が困難になったとき。

返還の免除

生活資金の貸付けを受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、貸し付けた生活資金の返還を免除することができる。

  1. 市内の私立保育所等において貸付決定の通知に定められた貸付開始月から起算して、常勤保育士として継続して5年以上業務に従事したとき。
  2. 死亡したとき。
  3. その他市長が必要と認めるとき。
  4. 前項第1号の場合において、生活資金の貸付けを受けた者が出産、育児により返還の猶予を受け、又は私立保育所等間を退職した日から1月以内に転職(他の市内の私立保育所等において常勤保育士として採用され、業務に従事することをいう。以下同じ。)したときは、当該休職又は転職前に常勤保育士として勤務した期間を復職又は転職後に勤務した期間に通算することができる。

詳しくは、貸付金制度の手引をご覧ください。

飯塚市保育士生活資金貸付金制度の手引(PDF:742KB)

飯塚市保育士生活資金貸付事業チラシ(PDF:731KB)

飯塚市保育士生活資金貸付申請書(様式第1号)(PDF:59KB)

勤務証明書(様式第2号)(PDF:54KB)

誓約書(様式第3号)(PDF:78KB)

飯塚市保育士生活資金貸付に関する個人情報の取り扱いに係る同意書(様式第17号)(PDF:84KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉部子育て支援課保育給付係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1112・1113)

ファックス番号:0948-21-9508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?