• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 幼児教育・保育の無償化

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

幼児教育・保育の無償化

幼児教育・保育の無償化について

2019年10月から幼児教育・保育の無償化がスタートします。

  1. 幼稚園、保育所などを利用する3歳~5歳児クラスの子どもの利用料が無償になります。
  2. 保育が必要な住民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスまでの子どもの利用料が無償になります。

参考「幼児教育・保育の無償化」(内閣府子ども・子育て本部)(外部サイトへリンク)

1.幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)

  • 満3歳から5歳児クラスの全ての子どもの利用料が無償になります。
  • 新制度未移行の幼稚園(※1)の利用料は、月額25,700円まで無償になります。
  • 新制度幼稚園(※2)は、市が設定する利用料が0円となります。
  • 通園送迎費、食材料費、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。
  • 保育の必要性があると認定を受けた場合、幼稚園の利用料に加え、3歳児から5歳児クラスの子どもは月額11,300円、住民税非課税世帯の満3歳児クラスの子ども(満3歳を迎えた子ども)は、月額16,300円まで預かり保育の利用料が無償になります。

(※1)和光幼稚園、穂波幼稚園、近畿大学九州短期大学附属幼稚園、ひまわり幼稚園

(※2)飯塚聖母幼稚園、桜ケ丘幼稚園

2.保育所・認定こども園(保育園部分)

  • 3歳児クラス(年少)から5歳児クラス(年長)の子どもの利用料が無償になります。
  • 住民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスの子どもの利用料が無償になります。
  • 3歳児クラスから5歳児クラスの子どもは、これまで保育料に含まれていた副食費(給食のおかず代)は引き続き負担していただくことになります。

3.認可外保育施設等

  • 認可保育所や認定こども園、幼稚園を利用できていない方が対象となります。
  • 「認可外保育施設等」は、認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業及びファミリー・サポート・センター事業です。
  • 保育の必要性の認定を受けた3歳児クラス(年少)から5歳児クラス(年長)の子どもの利用料は、月額37,000円まで無償になります。
  • 保育の必要性認定のある0歳児から2歳児クラスの住民税非課税世帯の子どもの利用料は、月額42,000円まで無償になります。

給付認定について

手続きの詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:福祉部子育て支援課保育給付係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1113・1112)

ファックス番号:0948-21-9508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?