• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 広報 > 改元に伴う公文書における元号の表記について

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

改元に伴う公文書における元号の表記について

飯塚市では、公文書の年月日と年度の表記については、原則として「元号」を使用しています。元号を「令和」に改める政令が公布され、5月1日から施行されるのに合わせ、公文書の年月日や年度等を表記する場合の原則をまとめましたので、お知らせします。

 

  • 5月1日以降に作成し、通知する公文書の元号は、「令和」を用います。
  • 「平成」と表記されていても当該文書は有効ですので、納期限や有効期限などは読み替えていただきますようお願いします。
  • 年度を表示する場合、5月1日以降は「令和元年度」を用います。
    ただし、納税通知書など、電算システムから出力される公文書で、システム改修を伴うものにあっては、引き続き「平成31年度」と表記される場合があります。その場合であっても当該文書は有効です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報政策課電算管理係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(内線1671~1672)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?