• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 広報 > まちの話題 > まちの話題一覧 > 姉妹揃ってテコンドーの全国大会で準優勝

ここから本文です。

更新日:2019年9月17日

姉妹揃ってテコンドーの全国大会で準優勝

010917テコンドー

7月27日から28日に長野県で行われた「第12回全日本ジュニアテコンドー選手権大会」において、嘉穂東高校3年の田中美羽(みう)さんがプムセ(型)部門で準優勝を達成。また、妹で穂波東中学校3年の田中佑奈(ゆな)さんがキョルギ(組手)部門で準優勝を果たしました。

9月17日に飯塚市役所で行われた結果報告会で美羽さんは「自分にできる一番の演技ができたので悔いはない。10月の全日本プムセテコンドー選手権で優勝できるよう頑張りたい」。佑奈さんは「準優勝だったが、自分の納得のいく戦いができてよかった。今後は全国の強化指定選手になり、パリオリンピックに出場できるように頑張りたい」と、大会の感想や今後の抱負を語りました。

また、穂波東小学校3年の三女・伶彩(れあ)さんもテコンドーの稽古に励んでおり、6月に開催された福岡県大会においてプムセ、キョルギの両部門で優勝しました。伶彩さんは「優勝はできたが緊張で足が震え、納得のいく内容ではなかった。次は足が震えないように頑張りたい。将来は世界選手権に出場したい」と話されました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部情報政策課情報発信係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(1674・1675)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?