• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 広報 > まちの話題 > まちの話題一覧 > ソフトバンクと教育事業連携協定締結

ここから本文です。

更新日:2019年1月10日

ソフトバンクと教育事業連携協定締結

ソフトバンク1

飯塚市とソフトバンク株式会社との間で人型ロボット「Pepper」の活用を中心とした教育事業連携協定を締結しました。(ソフトバンクが自治体と教育事業に特化した協定を結ぶのは全国初)

この協定により、2020年度から必修化されるプログラミング教育を見据えた教育環境づくりや、先端技術が活用できる人材育成、ICTの利活用などについて協力して取り組みます。

1月10日に行われた締結式では、片峯市長とソフトバンクの池田昌人CSR統括部長との間で協定書が取り交わされました。また、幸袋小学校の児童5人がPepperを使ったプログラミングデモを披露。マット運動のポイントを指導するようプログラミングされたPepperを使い、マット運動を実演しました。

ソフトバンク2

ソフトバンク3

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部情報政策課情報発信係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号

電話番号:0948-22-5500(1674・1675)

ファックス番号:0948-21-2066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?