• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 相談 > 心の健康相談(自殺予防)

ここから本文です。

更新日:2015年3月2日

心の健康相談(自殺予防)

かけがえのない命をみんなで守りましょう
自殺は私たちみんなの問題です。

‘物よりもこころの豊かさ‘と言われ‘こころのゆとり‘が求められるようになって、また「こころの時代」などと言われるようになって久しいですが、日本では自ら命を絶つ人が毎年年間3万人を超え、深刻な社会問題となっています。かつては自殺は個人の問題で防ぎようのないものと考えられがちでした。しかし、実際には、さまざまな悩みにより心理的に「追い込まれた末の死」であること、早期に発見し適切な介入やケアをすることなどによって防ぐことができることがわかっています。かけがえのない身近な人の命を守るために、私たち一人ひとりができることからはじめませんか。

自殺予防の10箇条

次のようなサインを多く発している場合は、自殺の兆候の危険がありますので、専門医への受診など、できるだけ早い段階で対処することが大切です。

  1. うつ病の症状に気をつけましょう(気分が沈む、憂うつである、興味や意欲がでない、落ち着かない、集中力・思考力の低下、眠れない、食欲がない、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい、おなかの調子が悪いなど)
  2. 原因がはっきりしないからだの不調が続く
  3. お酒の量が増える
  4. 安全や健康が保てない(病気の治療を中断する、短期間のうちに交通事故を繰り返す、ささいなことでトラブルを起こす、リストカットをするなど)
  5. 仕事で大きな失敗をする、負担が急に増える、仕事を失う
  6. 職場や家庭でサポートが得られない(職場でも家庭でも居場所がなく、問題を抱えているのに支援を得られないなど)
  7. 本人にとって大切なもの(家族、友人、財産、職、地位など)を失う
  8. 重いからだの病気にかかる
  9. 自殺について口にする
  10. 今までに自殺しようとしたことがある

(厚生労働省「自殺予防の10箇条」)

一人で抱え込まずに、下記相談窓口にご相談ください。

(問い合わせ先:福岡県精神保健福祉センター/電話番号:092-582-7510、ファックス番号:092-582-7505)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民協働部健幸・スポーツ課保健センター係

〒820-8605 福岡県飯塚市忠隈523番地

電話番号:0948-24-4002

ファックス番号:0948-25-8994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?